佐々木蔵之介が半分妖怪の主人公 舞台『ゲゲゲの先生へ』ビジュアル公開

前川知大(イキウメ)が演出、脚本を手掛ける舞台『ゲゲゲの先生へ』のビジュアルが公開された。

同作は、水木しげるの「世界観」をもとにしたオリジナルストーリーに、水木の短編作品のエピソードを織り込んだ作品。水木の人生観、世界や不思議との関わり方を、膨大な作品群とその登場人物、エッセイやインタビューで語られた言葉などから読み解き、新たな物語を編み上げるという。物語の舞台は平成60年の人口が激減した日本となり、廃村に1人で暮らす半分人間で半分妖怪の「半妖」の男が現実か夢かわからないほど長い間まどろんでいたところに、人間たちがやってくるというあらすじだ。

水木の作品『五円玉』の背景を用いたビジュアルには、ねずみ男をモチーフにした半妖・根津役の佐々木蔵之介を中心に、松雪泰子、白石加代子の姿が写し出されている。東京公演は10月8日から東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。チケットの一般販売は8月4日からスタート。東京公演終了後には、長野、大阪、愛知、宮崎、福岡、新潟での公演を実施する。詳細は『ゲゲゲの先生へ』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ゲゲゲの先生へ』

2018年10月8日(月・祝)~10月21日(日)全15公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
脚本・演出:前川知大 原案:水木しげる 出演: 佐々木蔵之介 松雪泰子 水田航生 水上京香 手塚とおる 池谷のぶえ 浜田信也(イキウメ) 盛隆二(イキウメ) 森下創(イキウメ) 大窪人衛(イキウメ) 白石加代子 料金:S席8,000円 A席6,500円 25歳以下A席5,000円 65歳以上S席7,000円 高校生以下1,000円
  • HOME
  • Stage
  • 佐々木蔵之介が半分妖怪の主人公 舞台『ゲゲゲの先生へ』ビジュアル公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて