ヨアキム・トリアー新作『テルマ』 少女の「タブー」が覚醒する北欧ホラー

映画『THELMA』が『テルマ』の邦題で10月20日から東京・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国で順次公開される。

『第90回アカデミー賞』『第75回ゴールデン・グローブ賞』外国語映画賞ノルウェー代表作品に選出された同作は、ノルウェーを舞台に描かれる映画。信心深く抑圧的な両親に育てられ、幼少期の記憶を持たない大学生のテルマが、奔放な同級生アンニャと初めての恋に落ちたことで、封印されたはずの恐ろしい力を解放してしまう、というあらすじだ。

監督と脚本を務めたのは、ラース・フォン・トリアーの甥で、これまでに『母の残像』などを手掛けたヨアキム・トリアー。キャストにはエイリ・ハーボー、カヤ・ウィルキンス、ヘンリク・ラファエルソン、エレン・ドリト・ピーターセンが名を連ねる。

発表とあわせてポスタービジュアルと予告編が公開。銀色の器具を装着され、血の涙を流すテルマの写真や、「少女の中の“願い”が目を醒ます」というキャッチコピーなどが写し出されている。予告編では、謎の発作で体を痙攣させながら倒れるテルマの姿や、テルマとアンニャのキスシーン、テルマの母親の「これ以上あの子に秘密にできない」という言葉、テルマの体が宙に浮く場面などが確認できる。

作品情報

『テルマ』

2018年10月20日(土)からYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開
監督・脚本:ヨアキム・トリアー 出演: エイリ・ハーボー カヤ・ウィルキンス ヘンリク・ラファエルソン エレン・ドリト・ピーターセン 上映時間:116分 配給:ギャガ・プラス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ヨアキム・トリアー新作『テルマ』 少女の「タブー」が覚醒する北欧ホラー

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて