ニュース

RYUCHELL新曲は息子にあてた“Link” 作曲はヒャダイン、試聴動画公開

RYUCHELL
RYUCHELL

RYUCHELLの新曲“Link”が8月15日から配信リリースされる。

2月に始動したりゅうちぇるのアーティスト名義「RYUCHELL」。同曲は7月に誕生した息子・リンクの名前をタイトルに冠し、息子やリスナーへ向けてRYUCHELLが今まで歩んできた「誰でもない生き方をしてきた道のり」を示すような楽曲となっている。

作曲はヒャダインこと前山田健一。1990年代初頭のサウンドをベースに、RYUCHELLがラップに初挑戦している。歌詞はRYUCHELLが妻・ぺこと息子・リンクにあてて綴った手紙をもとに、ヒャダインが手掛けたもの。「運良く、テレビに出て自分の意見を発信できる立場になれたからこそ、みんなを笑わせる存在だけでなく、自分の体験をしっかり伝えることで誰かが元気になるきっかけになりたい」として活動を始めたRYUCHELLが、息子へ「パパの背中」を見せるような内容に仕上がったという。

またPV公開に先駆けて、楽曲の一部が試聴できる動画が公開。妻・ぺことの愛の軌跡を2ショット写真で綴ったムービーで、RYUCHELL自らが編集した。あわせて公開されたジャケットではぺことRYUCHELLの2ショット写真が配置され、新ビジュアルではRYUCHELLが“Link”の「L」を指で示した「Linkポーズ」を披露。

RYUCHELLは「この曲はぺこりんと出会えたこと、ぺこりんが教えてくれたこと、そしてリンクがぼくとぺこりんのもとに生まれてきてくれた奇跡、これからリンクにたくさん伝えたい愛をつぎ込みました」と語っている。

RYUCHELLのコメント

この曲はぺこりんと出会えたこと、ぺこりんが教えてくれたこと、そしてリンクがぼくとぺこりんのもとに生まれてきてくれた奇跡、これからリンクにたくさん伝えたい愛をつぎ込みました。ぼくたちの家族だけでなく、大好きな子供のこと、怒ると怖いけど優しいパパやママのことを思いながら、ぜひ聴いていただけると嬉しいです!

RYUCHELL『Link』ジャケット
RYUCHELL『Link』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開