山戸結希が贈る映画『21世紀の女の子』、監督公募で新人・金子由里奈が選出

山戸結希監督が企画、プロデュースを行なう映画『21世紀の女の子』の監督公募の結果が発表された。

2019年新春に公開予定の同作には、山戸監督に加えて、1980年代後半から1990年代生まれの映画監督14人が参加。全編に共通するある1つのテーマを、各監督が8分以内の短編で表現するオムニバス作品となる。

「来たれ!21世紀の女の子」と銘打ち、今年3月から実施された監督公募で約200人から選出されたのは、立命館大学在学中で1995年生まれの金子由里奈。金子は「私にとって神様のような山戸結希監督に私の存在を見つけてもらえて、孤独のしこりが一瞬にして溶けるように嬉しかったです」と述べている。山戸監督は、金子について「今回の映画における出会いが、最も大きなきらめきを作り出せる可能性を秘めた存在」とコメント。なおキャストオーディションには、総勢2千人の応募が寄せられたという。

金子由里奈監督のコメント

私にとって神様のような山戸結希監督に私の存在を見つけてもらえて、孤独のしこりが一瞬にして溶けるように嬉しかったです。尊敬する映画監督の皆様と『21世紀の女の子』という一本の映画を作り上げて行くこと、緊張しますが楽しみです!そして、映画館に座る誰かの日常とこの映画が出逢えることが何よりも嬉しいです。

作品情報

『21世紀の女の子』

2019年新春に全国で公開予定 監督:山戸結希、井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本悠花里、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、東佳苗、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子、金子由里奈 配給:株式会社ABCライツビジネス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山戸結希が贈る映画『21世紀の女の子』、監督公募で新人・金子由里奈が選出

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて