ニュース

娼夫・松坂桃李を再び映画館で応援 『娼年』女性限定応援上映が9月開催

『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

映画『娼年』の応援上映が9月4日に東京・池袋HUMAXシネマズで開催される。

今回の応援上映は、9月14日に『娼年』のBlu-rayとDVDが発売されることを記念したもの。三方背ボックス、デジパック仕様となる豪華版には、メイキング映像、イベント映像が収録されるほか、ブックレット、フォトブックが付属する。『娼年』の応援上映は5月に池袋HUMAXシネマズで初開催。

応援上映は女性限定で参加可能。発声、コスプレ、サイリウムなどの光り物の使用、ミニ太鼓やタンバリンなどの楽器の使用が許可される。当日はゲストとして、三浦大輔監督と、キャストから冨手麻妙が参加する。オンラインでのチケット販売は本日8月18日から。劇場販売は8月18日の劇場オープン後から受け付ける。禁止事項を確認の上で参加しよう。

4月から全国公開されている同作は、松坂桃李主演で舞台化もされた石田衣良の小説が原作。無気力な生活を送る主人公・リョウが、女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のオーナー・静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事をしていくなかで女性たちの欲望の奥深さに気づき、やりがいを見出していくというあらすじだ。リョウ役を松坂桃李が演じ、監督・脚本を舞台版の脚本、演出も担当した三浦大輔が務めた。

『娼年』ポスタービジュアル ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』ポスタービジュアル ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』 ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開