『鉄工島FES 2018』11月開催 SIDE CORE×コムアイ、和田永ら参加

『鉄工島FES 2018』が11月4日に東京・京浜島のBUCKLE KOBO、須田鉄工所ほか4会場で開催される。

『鉄工島FES』は2016年に京浜島にオープンしたBUCKLE KOBOをハブに、京浜島内を回遊しながらサーキット形式で楽しめるアートと音楽のイベント。第1弾参加アーティストとして、SIDE CORE feat.コムアイ、和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」、中里周子主宰「NEWPARADISE」の3組が発表された。

SIDE COREはコムアイ(水曜日のカンパネラ)とのコラボレーションにより、京浜島の風景を再発見する野外展示プロジェクトを展開。古い電化製品を電子楽器として蘇生させる和田永のプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は、京浜島に滞在しながら、京浜島の職人たちと共に廃家電を楽器として蘇生させて演奏を披露する滞在制作型のプロジェクトを行なう予定だ。

『鉄工島FES 2018』のコンセプトビジュアルは中里周子が主宰する「NEWPARADISE」によるもの。「『鉄工島』に来たことのない人も、日本人も地球人も、宇宙人もおいでよ!」というコンセプトで、宇宙人同士がコミュニケーションしている様子が表現されている。

チケットの先行予約は現在受付中。一般販売は9月1日10:00からスタートする。またクラウドファンディングサイト「Readyfor」での資金募集も受け付けている。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

『鉄工島FES 2018』

2018年11月4日(日) 会場:東京都 京浜島 BUCKLE KOBO、須田鉄工所ほか
時間:11:00~20:00 参加アーティスト: SIDE CORE feat.コムアイ 和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」 中里周子主宰「NEWPARADISE」 料金:前売5,400円 当日5,900円
  • HOME
  • Art,Design
  • 『鉄工島FES 2018』11月開催 SIDE CORE×コムアイ、和田永ら参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて