ニュース

ホラー映画『へレディタリー/継承』11月公開 一家を襲う想像を絶する恐怖

映画『HEREDITARY』が『へレディタリー/継承』の邦題で11月30日から公開される。

同作は、今年の『サンダンス映画祭』で発表されて以降、海外メディアで「現代ホラーの頂点 発狂しそうな恐怖」「骨の髄まで凍りつく 息もできない恐ろしさ」などと高い評価を受けているホラー映画。祖母エレンの死後、喪失感を乗り越えようとするグラハム家に、不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声や気配がする、といった奇妙な出来事が頻発し始め、やがて最悪の出来事が起きたことで一家が修復不可能なまでに崩壊し、想像を絶する恐怖が彼女たちに襲い掛かる、というあらすじだ。

監督・脚本を手掛けたのは、同作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』などのトニ・コレットが務めている。製作は『ムーンライト』『レディ・バード』といった作品を発表しているA24。

今回の発表とあわせて日本版ポスタービジュアルが公開。主人公アニー、その娘チャーリーの顔と「完璧な悪夢」というコピー、「緻密に張り巡らされた恐怖の罠。“フィナーレ”まで瞬きさえ許されない。」という文言が確認できる。

『へレディタリー/継承』ポスタービジュアル ©2018 Hereditary Film Productions, LLC
『へレディタリー/継承』ポスタービジュアル ©2018 Hereditary Film Productions, LLC
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年