ニュース

『月刊ムー』40周年展 創刊から現在まで回顧、謎にまつわる「物的証拠」も

『創刊40周年記念ムー展』が10月12日から東京・池袋のパルコミュージアムで開催される。

1979年に創刊し、2019年に40周年を迎える雑誌『月刊ムー』。UFOや未確認生物、古代文明、超能力、心霊現象、占いや魔術、スピリチュアリズム、最新科学、宗教・民俗学、都市伝説などを扱い、日本や世界各地から集めた情報、仮説を紹介している。

『月刊ムー』初の大型展覧会となる同展は、同誌が追ってきた超常現象の世界や、雑誌の歴史、読者や関係者との関わりを体験できる内容。創刊号から現在までの誌面を振り返ると同時に、実物が公開される機会の少ないミステリーアイテムや歴代関係者からのメッセージなどが展示される。

物販コーナーでは同誌の40周年ロゴを使用した会場限定グッズを多数販売。さらに池袋パルコの本館6階「カフェ・アドレス」ではコラボメニューを提供する。

『月刊ムー』の5代目編集長・三上丈晴は同展について「『ムー展』では、記念すべき創刊号や、時代を彩った特集記事で誌面の変遷を振り返っていただくとともに、『ムー』が追いかけた謎にまつわる“物的証拠”もご覧いただけます。かの世界的超能力者が曲げたスプーン、北米の大型獣人の痕跡、インドの聖人の神聖物などを通じて、『ムー』の世界をご堪能ください」とのコメントを寄せている。

三上丈晴のコメント

『ムー』は1979年10月の創刊より、世界の謎と不思議に挑戦しつづけて40年目を迎えようとしています。これも読者のみなさまのご支援があったからこそと、謹んで御礼を申し上げる次第です。
『ムー展』では、記念すべき創刊号や、時代を彩った特集記事で誌面の変遷を振り返っていただくとともに、『ムー』が追いかけた謎にまつわる“物的証拠”もご覧いただけます。かの世界的超能力者が曲げたスプーン、北米の大型獣人の痕跡、インドの聖人の神聖物などを通じて、『ムー』の世界をご堪能ください。
これからも世界にミステリーがある限り、『ムー』は謎の探求を続けていく所存です。来る創刊50周年、さらには創刊100周年に向け、今後もご支援を賜りますよう、よろしくお願いします。

『創刊40周年記念ムー展』ビジュアル
『創刊40周年記念ムー展』ビジュアル
『月刊ムー』5代目編集長・三上丈晴
『月刊ムー』5代目編集長・三上丈晴
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生