ニュース

『月刊ムー』40周年展 創刊から現在まで回顧、謎にまつわる「物的証拠」も

『創刊40周年記念ムー展』が10月12日から東京・池袋のパルコミュージアムで開催される。

1979年に創刊し、2019年に40周年を迎える雑誌『月刊ムー』。UFOや未確認生物、古代文明、超能力、心霊現象、占いや魔術、スピリチュアリズム、最新科学、宗教・民俗学、都市伝説などを扱い、日本や世界各地から集めた情報、仮説を紹介している。

『月刊ムー』初の大型展覧会となる同展は、同誌が追ってきた超常現象の世界や、雑誌の歴史、読者や関係者との関わりを体験できる内容。創刊号から現在までの誌面を振り返ると同時に、実物が公開される機会の少ないミステリーアイテムや歴代関係者からのメッセージなどが展示される。

物販コーナーでは同誌の40周年ロゴを使用した会場限定グッズを多数販売。さらに池袋パルコの本館6階「カフェ・アドレス」ではコラボメニューを提供する。

『月刊ムー』の5代目編集長・三上丈晴は同展について「『ムー展』では、記念すべき創刊号や、時代を彩った特集記事で誌面の変遷を振り返っていただくとともに、『ムー』が追いかけた謎にまつわる“物的証拠”もご覧いただけます。かの世界的超能力者が曲げたスプーン、北米の大型獣人の痕跡、インドの聖人の神聖物などを通じて、『ムー』の世界をご堪能ください」とのコメントを寄せている。

三上丈晴のコメント

『ムー』は1979年10月の創刊より、世界の謎と不思議に挑戦しつづけて40年目を迎えようとしています。これも読者のみなさまのご支援があったからこそと、謹んで御礼を申し上げる次第です。
『ムー展』では、記念すべき創刊号や、時代を彩った特集記事で誌面の変遷を振り返っていただくとともに、『ムー』が追いかけた謎にまつわる“物的証拠”もご覧いただけます。かの世界的超能力者が曲げたスプーン、北米の大型獣人の痕跡、インドの聖人の神聖物などを通じて、『ムー』の世界をご堪能ください。
これからも世界にミステリーがある限り、『ムー』は謎の探求を続けていく所存です。来る創刊50周年、さらには創刊100周年に向け、今後もご支援を賜りますよう、よろしくお願いします。

『創刊40周年記念ムー展』ビジュアル
『創刊40周年記念ムー展』ビジュアル
『月刊ムー』5代目編集長・三上丈晴
『月刊ムー』5代目編集長・三上丈晴
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年