遠藤憲一が元ヤクザのダークヒーロー&黒幕の要潤 『アウト&アウト』予告

映画『アウト&アウト』の予告編が公開された。

11月16日から公開される同作は、小説『藁の楯』や漫画『ビー・バップ・ハイスクール』などで知られる木内一裕の同名小説を映画化したもの。血の繋がらない小学2年生の少女・栞と共に探偵事務所を営む元ヤクザの矢能が、謎の「覆面男」の殺人計画に巻き込まれるも、やがて反撃を開始する、というあらすじだ。主人公の矢能役を遠藤憲一、栞役を白鳥玉季、ある事件を隠蔽するために矢能と闘う与党議員・鶴丸清彦役を要潤が演じる。原作者の木内一裕が「きうちかずひろ」名義で監督を務めたほか、ハセベバクシンオーと共に脚本を手掛けた。

予告編では、矢能が檀上の鶴丸を見据えて拍手する場面、「覆面男」がターゲットに発砲するシーン、竹中直人演じる情報屋の「相手は人を殺してでも秘密を守りたい野郎と、頼まれれば人を殺すような野郎だ」という言葉、「ひとりぼっちになるのは嫌です」と訴える栞を矢能が抱きしめる様子が確認できる。また、あわせて公開された新たな場面写真には、スーツを着た鶴丸がスマートフォンを耳に当てる姿などが写し出されている。

作品情報

『アウト&アウト』

2018年11月16日(金)からTOHOシネマズ 新宿ほか全国で公開
監督:きうちかずひろ 脚本:ハセベバクシンオー、きうちかずひろ 原作:木内一裕『アウト&アウト』(講談社文庫) 音楽:諸藤彰彦 出演: 遠藤憲一 岩井拳士朗 白鳥玉季 小宮有紗 中西学 酒井伸泰 安藤一人 渡部龍平 渋川清彦 成瀬正孝 阿部進之介 竹中直人 高畑淳子 要潤 配給:ショウゲート
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 遠藤憲一が元ヤクザのダークヒーロー&黒幕の要潤 『アウト&アウト』予告

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて