ニュース

『STUDIO VOICE』アジア音楽シーン特集、中国やタイ、韓国、台湾などに注目

特集記事「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」が、9月20日発売の『STUDIO VOICE vol.413』に掲載される。

同特集ではアジア圏の音楽に注目。「喧騒と静寂に覆われた大陸のなかで」と題する記事では、中国・上海のレーベル「Do Hits」を主宰するHowie LeeやロデューサーのTzusing、ヒップホップが盛んな四川省の成都をフィーチャーしている。またEyedressらフィリピン・マニラのインディーシーンの重要人物たちに現地取材した記事や、台湾・台北のレーベル「Smoke Machine」と「Bass Kitchen」、韓国・ソウルの「Seoul Community Radio」や『VISLA Magazine』、インドネシア・ジャカルタの「Yes No Wave Music」を取り上げる。Project ONE MEKONGのクルーと共にタイ・バンコク、イサーンのラッパーを訪ねた模様、YOUNG-G(stillichimiya)とMMM(stillichimiya)、Soi48による座談会なども収録する。

各地の音楽スポットを紹介するコーナーには大石始、軽刈田凡平、栗本斉、GONNO、Shhhhh、DAWA、dj sniff、寺尾ブッタ、仲原達彦、成毛俊介、パク・ダハム、丸橋基、山本佳奈子らが寄稿している。なお『STUDIO VOICE』による音楽特集は復刊後初となる。

『STUDIO VOICE vol.413』表紙
『STUDIO VOICE vol.413』表紙
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
『STUDIO VOICE vol.413』より
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」