『STUDIO VOICE』アジア音楽シーン特集、中国やタイ、韓国、台湾などに注目

特集記事「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」が、9月20日発売の『STUDIO VOICE vol.413』に掲載される。

同特集ではアジア圏の音楽に注目。「喧騒と静寂に覆われた大陸のなかで」と題する記事では、中国・上海のレーベル「Do Hits」を主宰するHowie LeeやロデューサーのTzusing、ヒップホップが盛んな四川省の成都をフィーチャーしている。またEyedressらフィリピン・マニラのインディーシーンの重要人物たちに現地取材した記事や、台湾・台北のレーベル「Smoke Machine」と「Bass Kitchen」、韓国・ソウルの「Seoul Community Radio」や『VISLA Magazine』、インドネシア・ジャカルタの「Yes No Wave Music」を取り上げる。Project ONE MEKONGのクルーと共にタイ・バンコク、イサーンのラッパーを訪ねた模様、YOUNG-G(stillichimiya)とMMM(stillichimiya)、Soi48による座談会なども収録する。

各地の音楽スポットを紹介するコーナーには大石始、軽刈田凡平、栗本斉、GONNO、Shhhhh、DAWA、dj sniff、寺尾ブッタ、仲原達彦、成毛俊介、パク・ダハム、丸橋基、山本佳奈子らが寄稿している。なお『STUDIO VOICE』による音楽特集は復刊後初となる。

リリース情報
  • HOME
  • Book
  • 『STUDIO VOICE』アジア音楽シーン特集、中国やタイ、韓国、台湾などに注目

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて