ニュース

マイケル・ムーア最新作『華氏119』予告編公開 「ムーア砲、トランプ直撃」

マイケル・ムーア監督の最新映画『華氏119』のティザーポスターと予告編が公開された。

11月2日公開の同作は、ドナルド・トランプ大統領を題材にしたドキュメンタリー。タイトルの「119」は、ドナルド・トランプがアメリカ合衆国大統領選の勝利宣言をした2016年11月9日を意味しており、ジョージ・W・ブッシュ政権を批判したマイケル・ムーア監督の『華氏911』に呼応しているという。原題は『Fahrenheit 11/9』。

予告編には、マイケル・ムーア監督が自身の故郷であるミシガン州の州会議堂に乗り込む場面や、トランプ大統領が「私も有色人種を憎むが殺しはしない」「アメリカンドリームは終わった」「抵抗は無意味だ」と述べるシーン、ネオナチとクー・クラックス・クランが儀式を行なう様子、1960年代の政治活動家のマリオ・サビオのスピーチ、「マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件」の被害者エマ・ゴンザレス、6月のニューヨーク州の民主党予備選で当選したヒスパニック系のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス、「アメリカこそが最も偉大な国だ」と語る全米ライフル協会のTシャツを着た親トランプ派の男性、トランプの朋友で参謀のロジャー・ストーンの姿などが映し出されている。

ティザーポスターでは「マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。」というキャッチコピーや、ワシントンポスト紙を手にしたマイケル・ムーア監督の「この映画が公開されれば、トランプ王国は必ず崩壊するだろう」というコメントなどが確認できる。

『華氏119』ティザーポスタービジュアル ©2018 Midwestern Films LLC 2018
『華氏119』ティザーポスタービジュアル ©2018 Midwestern Films LLC 2018
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー