ニュース

斎藤工×松田聖子『家族のレシピ』来年3月公開 エリック・クー監督の新作

『家族のレシピ』メインビジュアル ©Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
『家族のレシピ』メインビジュアル ©Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

映画『Ramen Teh』の邦題が『家族のレシピ』に決定。2019年3月から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

2016年にシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を迎えたことをきっかけに製作された同作。群馬・高崎でラーメン屋を営む真人が、幼少時に亡くなった母の故郷のシンガポールに旅立ち、フードブロガー・美樹の手を借りてばらばらになった家族の絆を取り戻すために奔走する、というあらすじだ。シンガポール、日本、フランスの合作映画となる。

主人公の真人役を斎藤工、真人を手助けするシンガポールのフードブロガー・美樹役を松田聖子が演じるほか、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、ジネット・アウ、コメディアンのマーク・リーらが出演。監督を『第64回カンヌ国際映画祭』ある視点部門に正式出品された『TATSUMI マンガに革命を起こした男』などで知られるエリック・クー、脚本をウォン・キム・ホーが務めた。料理監修を竹田敬介、写真をレスリー・キーが担当している。

発表とあわせてメインビジュアルと場面写真が公開。真人と美樹が食卓を囲む様子や、建物の前に並ぶ出演者たちの姿などが写し出されている。

同作は、今年2月に開催された『第68回ベルリン国際映画祭』の食をテーマにした作品を選出するCulinary Cinema部門でワールドプレミアを迎え、エリック・クー監督や斎藤工、松田聖子が食事会付き上映に出席した。9月にスペインで開催される『サン・セバスチャン国際映画祭』Culinary Cinema部門にも正式招待が決定しており、9月23日に食事付き上映会が行なわれる。現地には監督、斎藤、松田、ジネット・アウが向かう予定だ。

『家族のレシピ』 ©Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
『家族のレシピ』 ©Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い