周防正行の新作映画『カツベン!(仮)』主演は成田凌、ヒロインは黒島結菜

周防正行の新作映画の仮タイトルが『カツベン!(仮)』に決定。あわせてキャストが発表された。

同作の舞台は「映画」がまだサイレントで「活動写真」と呼ばれていた大正時代。活動弁士を夢見る青年がとある小さな町の映画館に流れついたことをきっかけに、隣町のライバル映画館や再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察を巻き込み、やがて誰も予想もしなかった事態に展開していくというあらすじだ。公開は2019年12月。

主人公の活動弁士役に映画初主演となる成田凌、ヒロイン役に黒島結菜がキャスティング。共演者には永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹中直人、渡辺えり、小日向文世、竹野内豊が名を連ねる。

作品情報

『カツベン!(仮)』

2019年12月から全国公開
監督:周防正行 出演: 成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 井上真央 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 小日向文世 竹野内豊
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 周防正行の新作映画『カツベン!(仮)』主演は成田凌、ヒロインは黒島結菜

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて