桜エビ~ず新曲“Magik Melody”明日配信、SUGIURUMNこと杉浦英治が曲提供

桜エビ~ずの新曲“Magik Melody”が、9月30日に配信リリースされる。

私立恵比寿中学の妹分的なグループとして、2015年から活動する桜エビ~ず。メンバーは水春、桜井美里、茜空、川瀬あやめ、村星りじゅ、芹澤もあの6人。

新曲“Magik Melody”は「マッドチェスター・ミーツ・アイドル?」をコンセプトにした楽曲。作詞作曲はSUGIURUMNこと杉浦英治、ジャケットはEnjoy Music Clubのジャケットなども制作しているボブa.k.aえんちゃんが担当している。配信はiTunes Store、Apple Music、Spotifyなどで実施。

桜エビ~ずは10月14日に東京・吉祥寺のCLUB SEATAでワンマンライブを昼夜2回にわたって開催。チケットは現在販売中だ。

リリース情報
イベント情報

『桜エビ~ず 14thワンマン』

2018年10月14日(日)全2公演 会場:東京都 吉祥寺 CLUB SEATA 料金:各回2,500円(ドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • 桜エビ~ず新曲“Magik Melody”明日配信、SUGIURUMNこと杉浦英治が曲提供

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて