網守将平の2年ぶり新AL『パタミュージック』11月発売 岡田拓郎ら参加

網守将平のニューアルバム『パタミュージック』が11月21日にリリースされる。

アカデミックなバックグラウンドを出自とし、ポップミュージックから現代美術まで様々なシーンに携わる音楽家の網守将平。約2年ぶりのアルバムとなる同作は、様々な角度から「音楽そのものの抽象性」にアプローチした作品。コンセプトは「音楽はまだ存在しない≒空想音楽≒パタミュージック」というもの。

ゲストミュージシャンには、岡田拓郎(Gt)、滝沢朋恵(Vo)、池田若菜(Fl)、大石俊太郎(Cl,Sax)、黒田鈴尊(尺八)、吉田篤貴カルテット(ストリングス)らが参加。マスタリングは細野晴臣も手掛ける原真人が担当。パッケージデザインはイラストレーターの山本悠、ブックレット内の写真は三野新がそれぞれ担当している。レーベルオンラインショップの数量限定特典は、原摩利彦、土井樹、Cryogenic Rhythm Scienceの3組が参加したリミックスCDとなる。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 網守将平の2年ぶり新AL『パタミュージック』11月発売 岡田拓郎ら参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて