『カタストロフと美術のちから展』にアイ・ウェイウェイ、Chim↑Pomら40組

『カタストロフと美術のちから展』が、10月6日から東京・六本木の森美術館で開催される。

大惨事という意味のカタストロフは、東日本大震災やアメリカ同時多発テロなど世界各地で絶えず発生している。森美術館の15周年記念展となる『カタストロフと美術のちから展』は「カタストロフ」をテーマに据え、様々な問題が山積する今日の国際社会において、美術が果たす役割について問い直す展覧会となる。

会場では、オノ・ヨーコや宮島達男による鑑賞者参加型の作品をはじめ、ソーシャリーエンゲイジドアート、社会的メッセージが込められた美術作品を多数紹介し、美術と社会との繋がりについて考察。さらに東日本大震災を契機に制作されたChim↑Pom、トーマス・デマンド、池田学など約10作家の作品が展示されるほか、トーマス・ヒルシュホーン、モナ・ハトゥム、アイザック・ジュリアン、坂茂、アイ・ウェイウェイ、ミリアム・カーン、藤井光、田中功起、畠山直哉、宮本隆司、加藤翼、平川恒太、日本初公開となるヒワ・Kやヘルムット・スタラーツら全40組のアーティストが参加する。

なお同展では開催に先駆けてトークイベント『プレ・ディスカッション・シリーズ』を5回にわたって開催。美術館のオフィシャルサイトには各イベントのレポートが掲載されている。

イベント情報

『カタストロフと美術のちから展』

2018年10月6日(土)~2019年1月20日(日) 会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、2019年1月1日は22:00まで、入館は閉館の30分前まで) 出展アーティスト: シヴァ・アフマディ アイ・ウェイウェイ ミロスワフ・バウカ 坂茂 ミリアム・カーン CATPC&レンゾ・マルテンス シェバ・チャッチ Chim↑Pom トーマス・デマンド クリストフ・ドレーガー 藤井光 フェリックス・ゴンザレス=トレス 畠山直哉 モナ・ハトゥム 平川恒太 トーマス・ヒルシュホーン 堀尾貞治 ハレド・ホウラニ ホァン・ハイシン HYOGO AID' 95 by ART 池田学 アイザック・ジュリアン ヒワ・K 加藤翼 オリバー・ラリック エヴァ&フランコ・マッテス 宮島達男 宮本隆司 オノ・ヨーコ ジョルジュ・ルース カテジナ・シェダー ヴォルフガング・シュテーレ ヘルムット・スタラーツ スウーン 高橋雅子(ARTS for HOPE) 武田慎平 田中功起 ジリアン・ウェアリング 米田知子 ムハマッド・ウチュプ・ユスフ 料金:一般1,800円 高校・大学生1,200円 4歳~中学生600円 65歳以上1,500円 ※チケット購入で東京シティービューにも入館可
  • HOME
  • Art/Design
  • 『カタストロフと美術のちから展』にアイ・ウェイウェイ、Chim↑Pomら40組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて