妄想キャリブレーションが来年2月23日をもって活動終了

妄想キャリブレーションが、2019年2月23日をもって活動を終了することがわかった。

これは本日10月8日に妄想キャリブレーションのオフィシャルサイトで発表されたもの。「妄想キャリブレーションより大切なお知らせ」と題した記事では、メンバーたちの1つの夢だった全国47都道府県ツアー実施後から今後の活動について話し合う機会が増えたとし、「紆余曲折しながらも何度も話し合いを重ね、一人一人が自分の未来やグループの未来を真剣に考え続けた結果、活動終了という選択をすることになりました」と綴られている。メンバー5人はそれぞれブログを通じて自らの想いを報告する。ラストライブは2月23日の東京・Zepp DiverCity公演となる。

妄想キャリブレーションは2013年に東京・秋葉原ディアステージで結成。2016年にメジャーデビューを果たし、今年3月にメジャー1stアルバム『妄想道中膝栗氣』をリリースした。現メンバーは胡桃沢まひる、桜野羽咲、星野にぁ、雨宮伊織、水城夢子。

イベント情報

『妄想キャリブレーション LAST LIVE ~HOME~』

2019年2月23日(土) 会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity
  • HOME
  • Music
  • 妄想キャリブレーションが来年2月23日をもって活動終了

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて