W・アンダーソン監督作も上映、『MUJINTO cinema CAMP』長崎の無人島で開催

『MUJINTO cinema CAMP NAGASAKI 2018』が、10月27日と28日に長崎の田島で開催される。

自然の中で映画を楽しみながらキャンプをすることができる「完全DIYシネマキャンプフェス」を掲げる同イベント。九州で初開催となる今回は、長崎の大村湾に浮かぶ無人島・田島が会場となる。映画上映をはじめ、ライブ、ワークショップ、食事、アルコールなどが楽しめる1泊2日となる。

上映作品は、ウェス・アンダーソン監督の『ムーンライズ・キングダム』、ゲンディ・タルタコフスキー監督の3DCGアニメ映画『モンスター・ホテル』の2本。

ライブ出演アーティストは、ドラマ『探偵が早すぎる』主題歌を担当するeddaをはじめ、SandyTrip、RAINBOW MUSIC、地球屋バンドら。佐世保を中心に移動販売を行なっている「ノマド・コーヒー」によるハンドドリップコーヒーセミナーやサコッシュペイント、海のフォトフレームづくりといったワークショップ、ターザンスライダー、SUP体験などのアクティビティも用意される。

定員は200人。チケットは現在販売中だ。往復バスチケットや駐車場チケットも用意されでいるので、詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『MUJINTO cinema CAMP NAGASAKI 2018』

2018年10月27日(土)、10月28日(日) 会場:長崎県 田島
上映作品: 『ムーンライズ・キングダム』(監督:ウェス・アンダーソン) 『モンスター・ホテル』(監督:ゲンディ・タルタコフスキー) ライブ出演: edda SandyTrip RAINBOW MUSIC 地球屋バンド and more DJ:DJ OG 料金: 入場券 スタッフ参加チケット12,000円 一般22,000円 小学生10,000円 往復バスチケット4,000円 駐車場チケット1,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • W・アンダーソン監督作も上映、『MUJINTO cinema CAMP』長崎の無人島で開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて