ニュース

『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

『花椿』冬号が10月15日に刊行される。

資生堂の企業文化誌である『花椿』。今号は「Light and Shadow(光と陰)」をテーマに据え、巻頭特集にはペトラ・コリンズが日本の1970年代のサブカルチャーに着想を得て、現代の日本の少女の陰影を捉えた撮り下ろしのフォトストーリー『The Girls,Pure and Radical 東京少女の不敵と純真』を掲載する。また香水ブランド「セルジュ・ルタンス」の創立者であるセルジュ・ルタンスによる「エレガンス」にまつわるエッセイや、バリー・ユレーギ、ジュリア・グラッシ、センタ・シモンドの3人の写真家がパリの日常の光と陰を写した作品も収められる。

連載のインタビューでは、『花椿』のアートディレクターを40年以上にわたって務めた仲條正義の作品集が今秋に刊行されることに伴って、作品集の編集を担当した葛西薫、服部一成と仲條が鼎談。Charaがバーのママに扮する対談連載「サロン・ド・バー 花椿」には満島ひかりがゲストとして登場し、「光と陰」をテーマに「ひかり」の名前の由来や、事務所を独立してからの話などを語っている。

別冊付録の「花椿文庫」は「福原信三の美」。資生堂の初代社長で写真家でもあった福原信三が伝えてきた「美」について、武田砂鉄が書き下ろした1冊になっている。

『花椿』冬号は資生堂関連施設および全国の書店の約50か所で無料配布される。配布場所はオフィシャルサイトでチェックしよう。

『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで