円城塔、ミルハウザーら11作家が様々な元ネタを「カバー」する『MONKEY』

文芸誌『MONKEY Vol.16』が10月15日に刊行される。

翻訳家の柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。同誌の「一ダースシリーズ」の第4弾となる今回の特集「カバーの一ダース」では、国内外の11人の作家が、誰もが知っている戯曲や小説から憲法、じゃんけんまで様々な元ネタのカバーを展開する。11人であるのは「猿はずるいから1つ足りない」という理屈だという。

執筆陣は津村記久子、西岡兄妹、マーク・クリック、円城塔、平田俊子、バリー・ユアグロー、イッセー尾形、石川美南、戌井昭人、スティーヴン・ミルハウザー、黒田征太郎。掲載作品は全て新作となる。

さらに「古川日出男 REMIX 2018」と題し、同号で最終回を迎える連載「宮澤賢治リミックス」の特別編として4作品を掲載するほか、作家生活20周年を迎えた古川のライフワークとされる「カバー」の創作や、「宮澤賢治リミックス」誕生の秘密について柴田元幸が訊ねるインタビューを収録。オンラインストアでの購入者には「黒田征太郎ポストカード」が配布される。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 円城塔、ミルハウザーら11作家が様々な元ネタを「カバー」する『MONKEY』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて