ニュース

円城塔、ミルハウザーら11作家が様々な元ネタを「カバー」する『MONKEY』

文芸誌『MONKEY Vol.16』が10月15日に刊行される。

翻訳家の柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。同誌の「一ダースシリーズ」の第4弾となる今回の特集「カバーの一ダース」では、国内外の11人の作家が、誰もが知っている戯曲や小説から憲法、じゃんけんまで様々な元ネタのカバーを展開する。11人であるのは「猿はずるいから1つ足りない」という理屈だという。

執筆陣は津村記久子、西岡兄妹、マーク・クリック、円城塔、平田俊子、バリー・ユアグロー、イッセー尾形、石川美南、戌井昭人、スティーヴン・ミルハウザー、黒田征太郎。掲載作品は全て新作となる。

さらに「古川日出男 REMIX 2018」と題し、同号で最終回を迎える連載「宮澤賢治リミックス」の特別編として4作品を掲載するほか、作家生活20周年を迎えた古川のライフワークとされる「カバー」の創作や、「宮澤賢治リミックス」誕生の秘密について柴田元幸が訊ねるインタビューを収録。オンラインストアでの購入者には「黒田征太郎ポストカード」が配布される。

『MONKEY Vol.16』表紙
『MONKEY Vol.16』表紙
『MONKEY Vol.16』より
『MONKEY Vol.16』より
『MONKEY Vol.16』より
『MONKEY Vol.16』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと