「25人の野宮真貴」が渋谷でダンス “東京は夜の七時”新バージョンのPV

野宮真貴の楽曲“東京は夜の七時”が本日10月17日に配信リリース。PVが公開された。

同曲は、10月31日に発売されるベストアルバム『野宮真貴 渋谷系ソングブック』の収録曲。オリジナルバージョンは1993年に発表されたもので、今回リリースされた楽曲は小西康陽が新たにアレンジしている。iTunes Storeでは『野宮真貴 渋谷系ソングブック』のプレオーダーが開始。予約をすると“東京は夜の七時”がダウンロードできる。

公開されたショートバージョンのPVには、楽曲の25周年にちなんで「25人の野宮真貴」が登場。野宮のお面をかぶったダンサーが、野宮本人がピチカート・ファイヴ時代から現代に至るまでのジャケットやPVで身に着けた衣装をまとってダンスを踊るという内容だ。野宮は「全部のコスチュームを言い当てられたら相当の野宮マニア」と語っている。

PVの監督は柿本ケンサク、カメラはピチカート・ファイヴのジャケット写真も担当した田島一成、ダンサーの振付はシルク・ドゥ・ソレイユやマイケル・ジャクソンのツアーに帯同した辻本知彦が担当。撮影は主に夜の渋谷で行なわれ、スクランブル交差点、パルコの跡地、新たに開発された渋谷ストリームなどが映し出されている。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 「25人の野宮真貴」が渋谷でダンス “東京は夜の七時”新バージョンのPV

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて