ニュース

妻夫木聡×緒川たまき KERA台本・演出の舞台『キネマと恋人』が再演

2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗
2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗

ケラリーノ・サンドロヴィッチ台本・演出の舞台『キネマと恋人』が、2019年6月から東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで再演される。

『キネマと恋人』は、2016年に東京・三軒茶屋のシアタートラムで初演された作品で、ウディ・アレン監督による1985年の映画『カイロの紫のバラ』に触発されたもの。『カイロの紫のバラ』は、1930年代のアメリカを舞台に愛のない夫婦生活を送る女性とスクリーンから飛び出してきた映画の主人公が織り成す恋愛模様を描いた物語で、舞台では設定を日本にある架空の港町に置き換える。

再演では妻夫木聡、緒川たまきをはじめ、初演時のキャストが続投。ともさかりえ、三上市朗、佐藤誓、橋本淳、尾方宣久、廣川三憲、村岡希美、崎山莉奈、王下貴司、仁科幸、北川結、片山敦郎が出演する。公演スケジュールやチケットなどの詳細は後日発表される。国内ツアーも予定しているとのこと。

2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗
2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗
2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗
2016年初演時舞台写真より 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007 『キネマと恋人』 ​撮影:御堂義乗
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進