ニュース

地点×空間現代『グッド・バイ』12月上演 太宰治の未完の遺作がモチーフ

地点の舞台『グッド・バイ』が12月13日から京都・京都芸術センター、12月20日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

太宰治の遺作となった未完の小説『グッド・バイ』をモチーフに据え、太宰の後期作品を中心にコラージュする同公演。地点が太宰の作品を舞台化するのは『トカトントンと』『駈込ミ訴へ』に続いて3作目となる。

演出を手掛けるのは、地点の代表で、昨年に『読売演劇大賞』選考委員特別賞を受賞した三浦基。音楽は空間現代が担当する。地点はこれまでも空間現代との共同作業によって新作を生み出してきた。舞台美術は杉山至、衣裳はコレット・ウシャールが務める。出演者には安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気、黒澤あすかが名を連ねている。

チケットは現在販売中。

地点『グッド・バイ』フライヤービジュアル
地点『グッド・バイ』フライヤービジュアル
地点『グッド・バイ』フライヤービジュアル
地点『グッド・バイ』フライヤービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る 1

    GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る

  2. 新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開 2

    新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開

  3. 羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を 3

    羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を

  4. 蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場 4

    蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場

  5. 『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明 5

    『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明

  6. 『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振 6

    『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振

  7. 東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録 7

    東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録

  8. 星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も 8

    星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も

  9. 上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介 9

    上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介

  10. 「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』 10

    「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』