地点×空間現代『グッド・バイ』12月上演 太宰治の未完の遺作がモチーフ

地点の舞台『グッド・バイ』が12月13日から京都・京都芸術センター、12月20日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

太宰治の遺作となった未完の小説『グッド・バイ』をモチーフに据え、太宰の後期作品を中心にコラージュする同公演。地点が太宰の作品を舞台化するのは『トカトントンと』『駈込ミ訴へ』に続いて3作目となる。

演出を手掛けるのは、地点の代表で、昨年に『読売演劇大賞』選考委員特別賞を受賞した三浦基。音楽は空間現代が担当する。地点はこれまでも空間現代との共同作業によって新作を生み出してきた。舞台美術は杉山至、衣裳はコレット・ウシャールが務める。出演者には安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気、黒澤あすかが名を連ねている。

チケットは現在販売中。

イベント情報

地点
『グッド・バイ』

原作:太宰治 演出:三浦基 音楽:空間現代 出演: 安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 黒澤あすか 京都公演 2018年12月13日(木)~12月16日(日)全4公演 会場:京都府 京都芸術センター 講堂 料金: 前売 学生2,500円 一般3,500円 当日 学生3,000円 一般4,000円 東京公演 2018年12月20日(木)~12月27日(木)全7公演 会場:東京都 吉祥寺シアター 料金: 前売 学生3,000円 一般3,800円 当日 学生3,000円 一般4,300円
  • HOME
  • Stage
  • 地点×空間現代『グッド・バイ』12月上演 太宰治の未完の遺作がモチーフ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて