ニコラ・ビュフの新作アートがGINZA SIXに登場 全長4m超の「光るゾウ」

ニコラ・ビュフの新作アートが、11月12日から東京・GINZA SIXに登場する。

フランス・パリ出身のアーティストであるニコラ・ビュフ。館内の様々なエリアに展開される新作アート『“Fantastic Gift” ~「冬の王国」と「夏の王国」の物語~』は、GINZA SIXのクリスマスプロモーションの一環で展示される。「GIFT」をテーマにした物語に基づいた作品となり、館内の中央吹き抜け空間には全長4メートルを超える「光るゾウ」が登場。小さな天使「プッティ」たちがドローンを使って光るゾウを「夏の王国」から「冬の王国」に運ぶという物語の1シーンが表現される。

また正面エントランスほか数か所では、専用アプリをダウンロードしてスマートフォンを対象の作品にかざすと、ARによる体験型演出を楽しむことができる。さらに館内ではプレゼントキャンペーンを行なうほか、各店舗でもビュフとコラボレーションしたアイテムが販売される。

『“Fantastic Gift” ~「冬の王国」と「夏の王国」の物語~』は11月12日から12月25日まで展開。中央吹き抜けのアート作品のみ、2019年2月下旬まで展示予定だ。

  • HOME
  • Art,Design
  • ニコラ・ビュフの新作アートがGINZA SIXに登場 全長4m超の「光るゾウ」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて