ニュース

『映画 妖怪ウォッチ』主題歌は東方神起 予告編に楽曲&小栗旬のセリフも

東方神起と猫又 ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
東方神起と猫又 ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018

12月14日から公開される『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の主題歌を東方神起が担当することが発表。あわせて主題歌入り予告編が公開された。

『妖怪ウォッチ』の映画シリーズ第5弾となる同作は、1960年代を舞台に、新たな主人公・下町シンと、高城イツキ、有星タエの3人が家族の魂を救うため、妖怪たちと共に冒険に出る様を描く作品。ゲスト声優として、最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかる妖怪・紫炎役の小栗旬、人の魂を奪い取る妖怪・玉藻前役のブルゾンちえみの参加している。

主題歌に起用されたのは東方神起の“大好きだった”。離れてしまった大切な人を想う気持ちを歌った楽曲で、東方神起は「映画の中の『友情』というテーマにすごくピッタリだと思います」と語っている。同曲は11月21日にリリースされるニューシングル『Jealous』に収録される。

製作総指揮の日野晃博は主題歌について「今回はいつもの妖怪ウォッチとは少し違う魅力を感じて欲しいと思い、幅広い世代に人気がある東方神起さんに主題歌をお願いしました。この『大好きだった』という曲は、歌詞もすごくいいのですが、東方神起さんが表情豊かに歌い上げてくださったことで、より一層今回のお話にぴったりの曲になっていると思います」とコメント。

東方神起の主題歌を使用した予告編には、家族を失ったシン、イツキ、タエの姿や、新妖怪・猫又の姿が映し出されている。また小栗旬が声を演じた紫炎の「私が新たな閻魔大王となるのだ」というセリフ、ブルゾンちえみが声を演じた玉藻前の「生きて帰れると思うな」というセリフも確認できる。あわせて新たなポスタービジュアルも公開。同ポスターは10月27日から全国の映画館に掲出される。

東方神起のコメント

今年の『映画 妖怪ウォッチ』の主題歌を歌わせていただくことになりました。
「大好きだった」というタイトルの曲なんですけど、映画の中の「友情」というテーマにすごくピッタリだと思いますので、曲も是非楽しみにしてください!
映画に登場する猫又と会って友達になりました!すごく可愛かったです。
猫又、『映画 妖怪ウォッチ』5周年、おめでとう!

日野晃博のコメント

今回はいつもの妖怪ウォッチとは少し違う魅力を感じて欲しいと思い、幅広い世代に人気がある東方神起さんに主題歌をお願いしました。
この「大好きだった」という曲は、歌詞もすごくいいのですが、東方神起さんが表情豊かに歌い上げてくださったことで、より一層今回のお話にぴったりの曲になっていると思います。子どもたちだけではなく、大人の心にも響く素敵な曲にしていただきましたので、みなさんぜひ、注目してください。

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』ポスタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』ポスタービジュアル ©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと