ニュース

星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

特集記事「星野源と、思考。」が、11月6日刊行の雑誌『ダ・ヴィンチ 2018年12月号』に掲載される。

12月19日にニューアルバム『POP VIRUS』をリリースする星野源。同特集では星野のロングインタビューをはじめ、様々な企画を32ページにわたって展開する。

「関係者が語る星野源の思考の跡。」では、細野晴臣、三浦大知、細田守、関和亮、吉田ユニ、STUTS、テレビ番組『おげんさんといっしょ』のプロデューサー柴崎哲也、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のプロデューサー那須田淳、ラジオ番組『オールナイトニッポン』のチーフディレクター石井玄にインタビューを実施。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌“アイデア”に関する記事ではグラビアや全歌詞が掲載されるほか、くらもちふさこが参加している。漫画家や作家が星野の音楽や映像作品、書籍の「マイベスト」を発表する企画には、乙一、塩田武士、山下和美、市川春子、伊図透、ミズタマ、海野つなみ、鈴ノ木ユウ、真造圭伍、あらゐけいいち、那波マオ、青木U平がイラストや書評を寄せる。

さらに米澤穂信と星野の「再会」対談や、星野のエッセイ『いのちの車窓から』に読者から寄せられた感想文に加え、『いのちの車窓から』の書き下ろし新作を掲載。アルバム『POP VIRUS』に込めた想い、『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌“恋”の発表以降に自身が抱えていた葛藤や心中が率直に綴られているという。

同誌ではこのほか、声優による即興舞台劇『AD-LIVE』を特集。『AD-LIVE'18』のレポートや舞台裏潜入漫画、総合プロデューサーを務める鈴村健一のインタビューと森久保祥太郎との対談記事、岩田光央と櫻井孝宏の証言、約10年におよぶ『AD-LIVE』歴代出演者の紹介記事、ファンアンケートなどで構成される。

『ダ・ヴィンチ 2018年12月号』表紙
『ダ・ヴィンチ 2018年12月号』表紙
星野源 写真:江森康之
星野源 写真:江森康之
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー