ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

本日11月2日から公開されている映画『ヴェノム』の戦闘シーンの映像が到着した。

同作は、マーベルコミックのキャラクターで、スパイダーマンの敵役であるヴェノムを描いた作品。正義感あふれるジャーナリストのエディ・ブロックが「人体実験を行なっている」という噂のライフ財団に取材を試みるが、人体実験の被験者と接触したことで地球外生命体・シンビオートに寄生されてしまう、というあらすじだ。エディ役にトム・ハーディ、エディの恋人アン・ウェイング役にミシェル・ウィリアムズがキャスティング。日本語吹き替え版の声優陣には、ヴェノム役の中村獅童をはじめ、中川翔子、諏訪部順一らが名を連ねる。

戦闘シーンの映像には、機動隊らしき男たちが取り囲む中、エディが「やめたほうがいいと思う」と警告する場面や、エディの「マスク!」という合図にヴェノムが「了解」と答えて姿を現すシーン、催涙弾や照明弾をもろともしないヴェノムが男たちを次々となぎ倒していく様子などが映し出されている。

また映画公開を記念して、UVERworldが歌う日本語吹き替え版の主題歌“GOOD and EVIL”のPVのフルバージョンが本日11月2日23:59まで公開されている。


作品情報

『ヴェノム』

2018年11月2日(金)から全国順次公開
監督:ルーベン・フライシャー 脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー、ケリー・マーセル、ウィル・ビール 出演: トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 配給:ソニー・ピクチャーズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて