アート×ブロックチェーンの初売り『富士山展2.0』、約50会場で開催予定

スタートバーン主催の『富士山展2.0 -ザ・ジャイアントリープ-』が、2019年1月5日からウェブおよび全国約50会場で開催される。

今回で3回目を迎える『富士山展』は、アートに特化したブロックチェーンの新サービス「startbahn.org」を用いて「富士山」をテーマに多様な領域のクリエイターが作品を発表、販売するプラットフォーム。参加作家の選定や展示方法、展示期間は各スペースに委ねられ、展示作品は絵画、彫刻に加えて、ダンスやパフォーマンスも含まれる。

現時点で判明している参加作家は、吉田晋之介、阪本トクロウ、村田朋泰、池田剛介、池田晶紀、東京大学文化資源学研究室+ライアン・ホームバーグ、畔柳寿宏、よみひとしらずに加えて、ウェブ参加する岡崎乾二郎、西島大介ら。

現在、全国50か所での開催に向けてスペースの公募を実施中。募集対象は、美術館、ギャラリー、オルタナティブスペース、市民スペース、カフェ、神社仏閣など個人、団体、法人といった組織の形は問わない。11月7日19:30から東京・東大前 東京大学 南研究棟で説明会を実施。動画配信も予定されている。詳細は『富士山展』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『富士山展2.0 -ザ・ジャイアントリープ-』

会場:東京都 銀座 ギャラリー広田美術、六本木 Gallery MoMo、三ノ輪 space dike、西荻窪 中央本線画廊、馬喰町 dragged out studio、新富町 HAMON GALLERY、小台 BRÜCKE、下北沢 本屋B&B、小平 照恩寺、四谷三丁目 四谷未確認スタジオ、京都府 Baexong Arts、愛知県 瀬戸 Art Space & Cafe Barrackほか
参加作家: 吉田晋之介 阪本トクロウ 村田朋泰 池田剛介 池田晶紀 東京大学文化資源学研究室+ライアン・ホームバーグ 畔柳寿宏 よみひとしらず 岡崎乾二郎 西島大介
  • HOME
  • Art,Design
  • アート×ブロックチェーンの初売り『富士山展2.0』、約50会場で開催予定

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて