アジカン新AL『ホームタウン』詳細発表 リヴァース・クオモら参加

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューアルバム『ホームタウン』の詳細が発表された。

12月5日にリリースされる『ホームタウン』。先行シングル『ボーイズ&ガールズ』のタイトル曲や、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌“荒野を歩け”、リヴァース・クオモ(Weezer)、ブッチ・ウォーカーと後藤正文(Vo,Gt)の共作“クロックワーク”、クオモと後藤の共作“ダンシングガール”を含む全10曲を収録する。ジャケットのイラストはこれまでと同様に中村佑介が担当。

初回生産限定盤に付属する『Can't Sleep EP』には、グラント・ニコラス(FEEDER)と後藤の共作“スリープ”、ホリエアツシ(ストレイテナー)が作曲を手掛け一部ボーカルで参加した“廃墟の記憶”、山田貴洋(Ba)初の歌唱楽曲“イエロー”、THE CHARM PARKが作曲を担当した“はじまりの季節”など全5曲を収録。さらに初回生産限定盤には、昨年に行なわれたアメリカツアーから南米編のライブや海外ファンの私生活を追ったドキュメンタリーを収めたDVDが同梱する。

なお、本日11月7日放送のJ-WAVEのラジオ番組『SONAR MUSIC』で、アルバムのタイトル曲“ホームタウン”が初オンエアされる。

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』収録内容

[CD1]
1. クロックワーク
2. ホームタウン
3. レインボーフラッグ
4. サーカス
5. 荒野を歩け
6. UCLA
7. モータープール
8. ダンシングガール
9. さようならソルジャー
10. ボーイズ&ガールズ
[CD2]
『Can't Sleep EP』
1. スリープ
2. 廃墟の記憶
3. イエロー
4. はじまりの季節
5. 生者のマーチ
[DVD]
『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』
※CD2、DVDは初回生産限定盤に付属

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • アジカン新AL『ホームタウン』詳細発表 リヴァース・クオモら参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて