映像作家・柿本ケンサクが都内4か所のビルボードをジャック、写真作品掲出

企画『映像作家 柿本ケンサクによるビルボードジャックプロジェクト』が11月15日から都内4か所で行なわれる。

1982年に香川で生まれ、現在は東京に在住する映像作家、写真家の柿本ケンサク。映画やコマーシャルフィルム、PVを中心に演出家、映像作家、撮影監督として多くの映像作品を手掛けている。

今回の企画では、渋谷の映画美学校横、渋谷4丁目、六本木五島ビル、表参道パティオの4か所に柿本の写真作品を掲出。期間は12月14日までとなる。

柿本ケンサクのコメント

2020年東京五輪に向けて、新しい街づくりが進んでいる。たくさんの工事現場、延々と続く白い壁、あるのは大きな騒音だけ。不景気の折から広告の入ってない巨大な空き看板も目立つ。2020年に向けて世界中が東京に注目しているというのに、東京のあちこちが、無機質で無表情で無愛想。もっと楽しく、美しい景観にできないだろうか、という問いかけから空き広告の目立つビルボードにアート作品を飾ってみることにした。規制が多くて海外のミューラルアートのように自由に行かないが、黙々と不愛想な街並みを彩ることで、どういう化学反応が起きるのかを見てみたい。

イベント情報

『映像作家 柿本ケンサクによるビルボードジャックプロジェクト』

2018年11月15日(木)~12月14日(金) 会場:東京都 渋谷 渋谷4丁目、映画美学校横、表参道パティオ、六本木五島ビル

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 映像作家・柿本ケンサクが都内4か所のビルボードをジャック、写真作品掲出

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて