S・ブロックが目隠しして逃げ惑う Netflix発スリラー『バード・ボックス』

Netflixのオリジナル映画『バード・ボックス』が12月21日から全世界で配信。場面写真と予告編が公開された。

同作の舞台は、「謎の力」に突き動かされた者たちの自殺が相次ぎ、人口が激変してから5年が経過した世界。子供を身ごもったマロリーが、世界の終焉と人類滅亡の危機に直面しながらも、「それ」を見ないよう「目隠し」をした状態で逃避行する姿を描いたスリラー映画だ。

主人公のマロリー役にサンドラ・ブロックがキャスティング。共演者にトレバンテ・ローズ、ジョン・マルコヴィッチ、サラ・ポールソンらが名を連ねる。監督は『未来を生きる君たちへ』で『第83回アカデミー賞』外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビア。脚本は『メッセージ』や実写版『君の名は。』に参加しているエリック・ハイセラーが手掛けている。

公開された場面写真には、目隠しをしたマロリーが子供たちと連れだって歩く姿や、車の助手席に乗ったマロリーの様子などが写し出されている。また予告編では、森の中で謎の声が「目を開けて――目を開けるんだ」と響く場面や、病院で女性が窓に頭を打ち付ける様子、荒れ果てた世界の景色、「自分の心の奥底の“恐怖”が“形”となって見えているんだ」という言葉、目隠しをしたマロリーと子供たちが手探りでボートに乗って川を渡るシーン、マロリーが銃を構える姿などが確認できる。

作品情報

『バード・ボックス』

2018年12月21日(金)からNetflixで配信
監督:スサンネ・ビア 脚本:エリック・ハイセラー 出演: サンドラ・ブロック トレバンテ・ローズ ジョン・マルコヴィッチ サラ・ポールソン B・D・ウォン ダニエル・マクドナルド ジャッキー・ウィーヴァー リルレル・ハウリー ローサ・サラザール
  • HOME
  • Movie/Drama
  • S・ブロックが目隠しして逃げ惑う Netflix発スリラー『バード・ボックス』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて