ニュース

辰野登恵子の画業を再検証する展覧会、版画やドローイングを中心に約220点

辰野登恵子『WORK 77-D-10』/1977年/シルクスクリーン、紙/撮影:岡野圭 ©辰野剛、平出利恵子
辰野登恵子『WORK 77-D-10』/1977年/シルクスクリーン、紙/撮影:岡野圭 ©辰野剛、平出利恵子

展覧会『辰野登恵子 オン・ペーパーズ A Retrospective 1969-2012』が2019年1月20日まで埼玉・埼玉県立近代美術館で開催されている。

1950年に長野で生まれた辰野登恵子。東京藝術大学で学び、1970年代にドットやグリッド、ストライプといった規則的なパターンを用いた版画を発表し、その後、制作の中心を油彩に移して2014年に亡くなるまで作品を制作し続けた。

同展では、版画やドローイングを中心に辰野の画業を2部構成で再検証。前半部では、自刷りのシルクスクリーン版画の連作など、1970年代に制作された初期作品を紹介する。後半部では、代表的な油彩とそれに関連する版画やドローイングを並置して展示。2006年に堤清二が辻井喬名義で信濃毎日新聞に連載した随筆『漂流の時代に』の挿絵原画全52点も公開される。展示作品は油彩30点を含む約220点。

会期中の1月13日には画家の千葉正也、高木大地、松井えり菜をゲストに迎えたトークイベントを開催。12月16日には植村理葉と佐藤彦大によるミュージアムコンサートを行なう。詳細は埼玉県立近代美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

辰野登恵子『WORK 80-N-1』/1980年/シルクスクリーン、紙/撮影:大谷一郎 ©辰野剛、平出利恵子
辰野登恵子『WORK 80-N-1』/1980年/シルクスクリーン、紙/撮影:大谷一郎 ©辰野剛、平出利恵子
辰野登恵子『WORK 81-D-30』/1981年/油彩・パステル・鉛筆、紙/撮影:岡野圭 ©辰野剛、平出利恵子
辰野登恵子『WORK 81-D-30』/1981年/油彩・パステル・鉛筆、紙/撮影:岡野圭 ©辰野剛、平出利恵子
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露