ニュース

麻生久美子VS中村倫也 根本宗子『クラッシャー女中』に趣里、西田尚美ら

舞台『クラッシャー女中』の追加キャストが発表された。

同公演は根本宗子とM&Oplaysが本多劇場で公演を行なうコラボレーション作品の第2弾。幼少期に「貧乏なんてこりごり、絶対金持ちになってやる」という誓いを立てたゆみこと、ゆみこの母の再婚相手の子供・静香は、とある屋敷に女中として、屋敷の息子・義則の婚約者としてそれぞれ潜り込んだが、「育ちのいいお坊ちゃん」という仮面の下に底知れぬ本性を隠し持っていた義則によって、2人の計画が思わぬ方向に暴走し始めるというあらすじだ。今回が初共演となるゆみこ役の麻生久美子と、母・和紗の期待通りの完璧な男性を演じているが、ストレスを使用人たちにぶつけて疎ましがられている義則役の中村倫也のダブル主演。

今回出演が発表されたのは、仕立てられたお嬢様・静香役の趣里、屋敷の主で義則を溺愛する和沙役の西田尚美に加えて、佐藤真弓、根本宗子、田村健太郎。

同公演は、2018年3月22日から東京・下北沢の本多劇場で上演。チケットの販売は2019年1月19日からスタートする。東京公演終了後には、4月17日に愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、4月19日から大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、4月23日に島根・島根県民会館 大ホール、4月25日に広島・JMSアステールプラザ 大ホールで公演を行なう。

左上から時計回りに西田尚美、趣里、麻生久美子、田村健太郎、佐藤真弓、根本宗子、中村倫也
左上から時計回りに西田尚美、趣里、麻生久美子、田村健太郎、佐藤真弓、根本宗子、中村倫也
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら