ニュース

麻生久美子VS中村倫也 根本宗子『クラッシャー女中』に趣里、西田尚美ら

舞台『クラッシャー女中』の追加キャストが発表された。

同公演は根本宗子とM&Oplaysが本多劇場で公演を行なうコラボレーション作品の第2弾。幼少期に「貧乏なんてこりごり、絶対金持ちになってやる」という誓いを立てたゆみこと、ゆみこの母の再婚相手の子供・静香は、とある屋敷に女中として、屋敷の息子・義則の婚約者としてそれぞれ潜り込んだが、「育ちのいいお坊ちゃん」という仮面の下に底知れぬ本性を隠し持っていた義則によって、2人の計画が思わぬ方向に暴走し始めるというあらすじだ。今回が初共演となるゆみこ役の麻生久美子と、母・和紗の期待通りの完璧な男性を演じているが、ストレスを使用人たちにぶつけて疎ましがられている義則役の中村倫也のダブル主演。

今回出演が発表されたのは、仕立てられたお嬢様・静香役の趣里、屋敷の主で義則を溺愛する和沙役の西田尚美に加えて、佐藤真弓、根本宗子、田村健太郎。

同公演は、2018年3月22日から東京・下北沢の本多劇場で上演。チケットの販売は2019年1月19日からスタートする。東京公演終了後には、4月17日に愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、4月19日から大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、4月23日に島根・島根県民会館 大ホール、4月25日に広島・JMSアステールプラザ 大ホールで公演を行なう。

左上から時計回りに西田尚美、趣里、麻生久美子、田村健太郎、佐藤真弓、根本宗子、中村倫也
左上から時計回りに西田尚美、趣里、麻生久美子、田村健太郎、佐藤真弓、根本宗子、中村倫也
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開