山内ケンジ率いる城山羊の会の新作舞台『埋める女』12月に下北沢で上演

城山羊の会の舞台『埋める女』が12月6日から東京・下北沢のザ・スズナリで上演される。

城山羊の会は『トロワグロ』で『第59回岸田國士戯曲賞』を受賞した山内ケンジが主宰する演劇ユニット。山内はCMディレクターとしてソフトバンクのCMシリーズ「白戸家」を手掛けたことでも知られている。

約1年ぶりの新作公演となる『埋める女』は、近年の作品『自己紹介読本』『相談者たち』に通じるものがあるが、「その場で面白いわけでもなく、しかも何も残らない、つまり面白くないモノ」になるとのこと。作と演出は山内が手掛け、出演者には奥田洋平、板倉奈津子、福井夏、伊島空、岡部たかし、岩谷健司、金谷真由美が名を連ねる。

チケットは現在販売中。なお城山羊の会の15周年企画として4月に上演された『自己紹介読本』の東京公演の半券、大阪公演の半券を提示すると、それぞれ500円、800円がキャッシュバックされる。

イベント情報

城山羊の会
『埋める女』

2018年12月6日(木)~12月16日(日)全15公演 会場:東京都 下北沢 ザ・スズナリ
作・演出:山内ケンジ 出演: 奥田洋平 板倉奈津子 福井夏 伊島空 岡部たかし 岩谷健司 金谷真由美 料金: 前売 3,800円 早期観劇割引3,500円 当日 4,200円
  • HOME
  • Stage
  • 山内ケンジ率いる城山羊の会の新作舞台『埋める女』12月に下北沢で上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて