水木しげるの未発表作21枚を掲載『妖怪のいるところ』刊行、山口晃も寄稿

書籍『妖怪のいるところ』が本日11月30日に刊行された。

水木しげるの没後3年となる11月30日「ゲゲゲ忌」にあわせて刊行された同書は、水木の未発表原画21枚と、小松和彦が「妖怪絵」を民俗学の観点から読みといた文章を掲載したオールカラーのアートブック。165体の妖怪解説や、山口晃が「絵画鑑賞論」「水木絵の楽しみ方」を展開する書き下ろし「ふるえる心」も収録される。

筒箱仕様のブックデザインはアルビレオが担当。表紙には妖怪が浮き上がるようになっているという。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 水木しげるの未発表作21枚を掲載『妖怪のいるところ』刊行、山口晃も寄稿

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて