柄本佑監督作や山下敦弘、渡辺大知監督作も上映、二宮健主催企画『SHINPA』

上映イベント『SHINPA vol.10』が12月30日に東京・LOFT9 Shibuyaで開催される。

『SHINPA』は2019年1月に映画『チワワちゃん』の公開を控える二宮健監督を中心に2014年からスタートしたイベント。これまでに『東京国際映画祭』とのコラボレーションや年越しカウントダウンオールナイト企画などを行なってきた。

10回目となる今回は2部制で開催。第1部では『犬猿』『愛しのアイリーン』などの吉田恵輔監督の未ソフト化作品『メリちん』、『ベルリン国際映画祭』短編部門銀熊賞を受賞した和田淳監督のアニメーション作品『グレートラビット』、現在『ハード・コア』が公開中の山下敦弘監督の『二人の山本』、柄本佑の監督作『3/22 ドーナッツ』の4本を上映する。

第2部には、行定勲監督の『いっちょんすかん』、大竹しのぶ主演の短編作品『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』、白石和彌監督の短編作品『マンドリンの女』、これまでの『SHINPA』を振り返る二宮健監督のドキュメンタリー『SHINPA -filmmakers'picture-』、渡辺大知(黒猫チェルシー)が学生時代に16ミリフィルムで撮影した『ホーム』、小林達夫による新作短編の6本がラインナップ。

さらに第1部で客席から募ったテーマをランダムでセレクトし、第2部終了までに短編映画を完成させる即興企画『KCP』を実施。近藤啓介監督作品には伊藤寧々(ex.乃木坂46)が出演するほか、10月からスタートした『SHINPA』の派生イベント『Junk Lounge』から若手監督の中元雄、西口洸、池本ミナミが参加する。司会は前野朋哉と二宮健監督が担当。

当日は監督、キャストによるトークイベントを予定。チケットの販売は明日12月1日12:00からスタートする。

イベント情報

『SHINPA vol.10』

2018年12月30日(日) 会場:東京都 LOFT9 Shibuya
第1部上映作品: 『二人の山本』(監督:山下敦弘、向井康介) 『グレートラビット』(監督:和田淳) 『3/22 ドーナッツ』(監督:柄本佑) 『メリちん』(監督:吉田恵輔) 第2部上映作品: 『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』(監督:奥山大史) 『新作(タイトル未定)』(監督:小林達夫) 『マンドリンの女』(監督:白石和彌) 『ホーム』(監督:渡辺大知、中里龍造) 『いっちょんすかん』(監督:行定勲) 『SHINPA -filmmakers'picture-』(監督:二宮健) 『KCP』(監督:近藤啓介、中元雄、西口洸、池本ミナミ) 料金: 第1部・第2部券 前売2,000円 当日2,500円 通し券 前売3,500円 当日4,000円

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 柄本佑監督作や山下敦弘、渡辺大知監督作も上映、二宮健主催企画『SHINPA』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて