ニュース

アーバンギャルドからオリジナルメンバー瀬々信が脱退、母の介護のため

アーバンギャルド(左から2人目が瀬々信)
アーバンギャルド(左から2人目が瀬々信)

アーバンギャルドから瀬々信(Gt)が、2019年3月末をもって脱退することが発表された。

瀬々信はアーバンギャルド結成時からのメンバー。脱退理由について瀬々は、「喧嘩別れでも音楽性の違いでバンド内トラブルでもありません。私の母がアルツハイマー型認知症を患っており可能な限り介護をするための決断です」とコメントしている。各メンバーからのコメントも発表。アーバンギャルドは瀬々の脱退後も活動を継続する。

アーバンギャルドにとって現体制でのラストツアーとなる『愛と幻想のアーバンギャルド~あなた元年~』が、3月に大阪、京都、名古屋、東京で開催。チケットのファンクラブ会員先行受付は本日から12月9日まで受付中。一般販売は1月26日10:00からスタートする。

瀬々信(Gt)のコメント

瀬々信です。
いつもアーバンギャルドを応援してくれていて本当にありがとう御座います!
皆様のおかげでアーバンギャルドも10周年を迎えることが出来ました。
10年間もバンドを続けられるのも皆様の応援が在ったからこそ実現できました。
本当にいつもありがとう御座います!

実は応援してくださる皆様にお伝えしなければならない事があります。
私、瀬々は2019年3月31日をもってアーバンギャルドから旅立つ事に致しました。
喧嘩別れでも音楽性の違いでバンド内トラブルでもありません。

私の母がアルツハイマー型認知症を患っており可能な限り介護をするための決断です。
病状の進行は私の想像よりも遥かに早く進行していて2018年12月現在、7段階中4、5くらいの処まで病状が進行しております。
可能な限りの介護をしてアーバンギャルドも活動するという事に徐々に無理が生じてきました。
事務所やメンバー達と色々と意見やアイディアを話し合いましたが病状の進行が早いこともあり、このままではアーバンギャルドとの両立は難しいと判断し旅立つ事を決意しました。

2019年3月31日まではアーバンギャルド瀬々信として活動させて頂きます。
残りのライブやイベントなどアーバンギャルド瀬々信として全力でやり抜くのでよろしくお願い致します。

これからもアーバンギャルドやメンバー達の応援を何卒よろしくお願い致します!
2018年12月1日 瀬々 信

松永天馬(Vo)のコメント

デビューしてから十年。出会って、一緒に音楽を作り始めてからは十七年。
瀬々信は僕がアーバンギャルドを結成したときからの唯一のオリジナルメンバーで、この船の大事なクルーだった。

最初は小さな潜水艇だった。海上に出られるチャンスを伺いながら、夜のしじまに潜伏する日々。小さな、汚い雑居ビルの地下にあるライヴハウスで僕らの旅は始まった。コンパスはない。海図もない。誰も聴いたことのない音楽、誰も見たことのない編成で作り上げたバンドは、すぐに潮の流れにのれた訳ではない。数知れないほどの出会いと別れ、失敗と挫折を経験しながらも、少しずつ自分たちが進むべき方向を見つけ始めた。ありあわせの旗をマストに見立てて、風の行く先を確かめながら。

やがて、浜崎容子が、おおくぼけいが同乗してくれた。船は大型旅客船になって豪華な旅路を巡り、僕たちはそこかしこでライヴをした。軍艦になって、緊張感のある戦場を駆け抜けたこともある。宇宙船になって星々を辿り、月の裏側にある、見たことのないステージまでたどり着いたことだってある。
何度か難破しかけたときは、彼が僕に代わって舵を握ってくれた。バンドのムードメーカーとして、彼はいつも僕の傍らにいてくれた。

「自分の運命は自分で切りひらける」
僕たちが音楽を通して繰り返してきたテーマだ。今回の彼の決断を、彼の旅立ちを、僕は、そして残されたメンバーは応援することに決めた。
「あなた元年」と題したツアーを終えたら、彼は自分で組み立てた小さな船で漕ぎ出すのだという。
お互い、自分の運命を切りひらこう。新しい時代の、その先に向かって。

浜崎容子(Vo)のコメント

瀬々さんとの出会いはもう10年以上も遡ることになります。
長い年月と、たくさんの作品たち、そしてたくさんのライブを一緒に共有してきました。
彼の今回の決断は、近い将来誰にでも起こりえる事で、
始まりがあれば終わりがあるし、出会いがあれば別れがある。
そんなことは分かっているけれど…
だけどやっぱり今の自分の気持ちを言葉にするのがとても難しいです。
私自身も残りの人生の事を考える今日この頃。
瀬々さんの大切にしたいものを、大切にしてほしい。
バンドを続けることで何か後悔が残ってしまうような事はしてほしくない。
メンバー・スタッフ共にとても辛い決断でしたが
彼の意志を尊重し、旅立ちを応援させてもらう事になりました。
残りのライブやイベントは、私自身もファンの皆様も色々な想いが交錯すると思います。
しかし彼の願いである、笑顔で旅立ちたいという気持ちを胸に
残された時間を精一杯楽しんで、全力で演奏していきたいと思っております。
瀬々信のこれからの道、アーバンギャルドのこれからの道を
皆様何卒ご理解の上、引き続き応援して頂けたら嬉しいです。
形は変わってしまっても、想いはそのままです。

おおくぼけい(Key)のコメント

この文章が公開されているということは、それだけの時間がもう経ってしまったということなのですね。
瀬々さんのお母様の話は2年くらい前から聞いていました。それから時間をかけてなんとかいい形で活動できないか試行錯誤をしたりもしましたが、残念ながら今回のような結論に至ってしまいました。
正直なところ瀬々さんが旅立つのは寂しくて仕方がありません。
瀬々さんは歳も実家も近く、機材にも詳しくて何かと頼ったり、音楽に限らず色々なことを話せる存在です。
でも彼の気持ちを尊重して決断を応援することにしました。このような状況は誰にでも起こりうるものですが、決断は中々出来ることではありません。
時間は残り少ないですが、瀬々さんとのアーバンギャルドを全力でやりきります。
そして、その後もアーバンギャルドをさらに磨いていきます。
これからも皆様と共に歩んでいけたらと思います。
バンドを辞めても瀬々さんが大切な友達であることは変わりません。
今後ともアーバンギャルドと瀬々信をよろしくお願いします。 

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信