『蜘蛛の巣を払う女』監督が「新生リスベット」クレア・フォイを語る新映像

映画『蜘蛛の巣を払う女』の新映像「フェデの直感、新生リスベット誕生」が公開された。

2011年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編となる同作は、ダヴィド・ラーゲルクランツの推理小説『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』をもとにした作品。背中にドラゴンのタトゥーを入れた特殊な映像記憶能力を持つハッカーのリスベットは、核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻すことを依頼されるが、陰謀を探るうちにいきあたった存在が16年前に別れた双子の妹カミラであることに気づき、自身の忌まわしい記憶と葬り去ったはずの過去に向きあっていくというあらすじだ。リスベット役にクレア・フォイ、リスベットの過去の真相を握るカミラ役にシルヴィア・フークスがキャスティング。監督はフェデ・アルバレスが務めた。公開は1月11日。

「フェデの直感、新生リスベット誕生」には、アルバレス監督がクレア・フォイのキャスティングについて「直感的に配役を選ぶのが好きなんだ」、彼女の演技について「実際のクレアはリスベットと全く違う。似ても似つかない。彼女のファンも“この役を彼女が?”と思うだろう。観たら驚くよ、それほどの名演技だ」と語る様子などが映し出されている。

作品情報

『蜘蛛の巣を払う女』

2019年1月11日(金)から全国公開
監督:フェデ・アルバレス 脚本:フェデ・アルバレス、スティーヴン・ナイト、ジェイ・バス 原作:ダヴィド・ラーゲルクランツ『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女』(早川書房) 出演: クレア・フォイ シルヴィア・フークス スベリル・グドナソン 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『蜘蛛の巣を払う女』監督が「新生リスベット」クレア・フォイを語る新映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて