ライゾマティクス年忘れ企画に岡村靖幸、山口一郎、青木孝允、YOSHIROTTEN

ライゾマティクスによるイベント『RHIZOMATIKS YEAR END PARTY 2018“Licensed to Ill”』の追加出演者が発表された。

真鍋大度、石橋素、齋藤精一らを中心に様々な領域で活動しているライゾマティクス。12月7日に開催される『RHIZOMATIKS YEAR END PARTY』はライゾマティクスの1年を締め括るイベントとして毎年実施されており、今年は11月30日にオープンした東京・銀座のPLUSTOKYOが会場となる。

今回出演が発表されたのは、岡村靖幸、山口一郎(サカナクション)、AOKI takamasa、YOSHIROTTENの4組。250枚限定の前売チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『RHIZOMATIKS YEAR END PARTY 2018“Licensed to Ill”』

2018年12月7日(金) 会場:東京都 銀座 PLUSTOKYO
出演: Daito Manabe + Setsuya Kurotaki Licaxxx Seiho 岡村靖幸 山口一郎(サカナクション) AOKI takamasa YOSHIROTTEN 料金:前売3,500円 当日4,000円
  • HOME
  • Music
  • ライゾマティクス年忘れ企画に岡村靖幸、山口一郎、青木孝允、YOSHIROTTEN

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて