ニュース

ニール・ヤング監督による2作品が東西CLUB QUATTROで日本初&爆音上映

『爆音上映15周年記念 ニール・ヤング監督作「ジャーニー・スルー・ザ・パスト」、「マディ・トラック」爆音上映』メインビジュアル
『爆音上映15周年記念 ニール・ヤング監督作「ジャーニー・スルー・ザ・パスト」、「マディ・トラック」爆音上映』メインビジュアル

上映イベント『爆音上映15周年記念 ニール・ヤング監督作「ジャーニー・スルー・ザ・パスト」、「マディ・トラック」爆音上映』が1月10日に大阪・梅田CLUB QUATTRO、1月15日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催される。

全国各地で開催されている上映イベント『爆音映画祭』が2019年で15周年を迎える。その誕生のきっかけとなったのが2003年のニール・ヤングの来日公演。当時、来日を記念して東京・吉祥寺バウスシアターでニール・ヤングのライブドキュメンタリー『イヤー・オブ・ザ・ホース』をライブ用音響システムを使って上映し、その発展形として2014年に生まれたのが「爆音上映」なのだという。

同イベントでは、今年で73歳になったニール・ヤングの監督作2本を日本初上映、かつ爆音上映で上映する。上映作品は、ニール・ヤングの初監督作品『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』と、クレイジー・ホースと組んだ1987年のヨーロッパツアーの記録をまとめた『マディ・トラック』。今回はいずれも日本語字幕を付けての上映となる。

『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
『マディ・トラック』 ©2015 Shakey Pictures
『マディ・トラック』 ©2015 Shakey Pictures
『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』 ©1974 Shakey Pictures
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』