『シン・ゴジラ』が12月16日に地上波放送、石破茂が語るPR映像も公開

映画『シン・ゴジラ』が、12月16日にテレビ朝日系で放送される。

2016年に公開された『シン・ゴジラ』は、庵野秀明が総監督、脚本、編集、樋口真嗣が監督と特技監督を担当。『第20回 文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門で大賞に輝いたほか、『第40回日本アカデミー賞』では最優秀作品賞を含む7部門を制した。キャストには長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、高橋一生ら328人が名を連ねている。

地上波放送は、2017年11月12日以来、2度目となる。今回の放送に先駆けて、テレビ朝日では石破茂元防衛大臣が『シン・ゴジラ』の魅力を語ったPR映像を放映。自ら進んで同作を鑑賞したという石破は、映像中で「本当に怖い映画です。単に面白いだけではありません。日本とは何か。自衛隊とは何か。日米同盟とは何か。安全とは何か。どうぞみなさん考えてください」と語っている。

12月16日には昨年放送した番組『ゴジラ総選挙』を再放送。映画『ゴジラ』シリーズに登場する怪獣の中で、最も人気のある怪獣を決定するほか、ゴジラを愛する著名人たちが好きなシーンやキャラクターへの想いを明かす。

番組情報

『シン・ゴジラ』

2018年12月16日(日)21:00からテレビ朝日系で放送
総監督・脚本:庵野秀明 監督:樋口真嗣 音楽:鷺巣詩郎 出演: 長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 高良健吾 松尾諭 市川実日子 余貴美子 國村隼 平泉成 柄本明 大杉漣 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『シン・ゴジラ』が12月16日に地上波放送、石破茂が語るPR映像も公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて