ニュース

生田斗真と吉岡里帆が朗読、短歌から平成を振り返るNHK BS『平成万葉集』

『平成万葉集』ビジュアル
『平成万葉集』ビジュアル

短歌の番組『平成万葉集』が、1月2日にNHK BSプレミアムで放送される。

『平成万葉集』は平成に詠まれた無数の短歌の中から秀逸なものを紹介する番組。天皇皇后や歌人、ホームレスや短歌マニアの小学生まで、多様な立場の人々による短歌から、当時のヒット曲なども織り交ぜながら、平成の30年間を振り返る。短歌監修は京都大学卒の細胞生物学者でもある永田和宏が担当。

出演者は生田斗真と吉岡里帆。番組では不思議な空間で歌の朗読をしたり、短歌を詠む謎のタクシードライバーとして東京を彷徨ったりするという。

紹介予定の短歌は「一億のベッドの中でスマホ光りそれぞれの寂しさ満天の星」「四十路過ぎし子が嫁さんを欲しと言うパソコンなどで頼むことかよ」「ずさんなる仕事叱れば『ですよね』と同意も手抜きこの若き部下」「百二歳まで頑張ろうねとはげませば期限切るなと百歳の母」「『恐い事件あったね』『どの?』というような恐い時代になってしまった」「ぼくも非正規きみも非正規秋がきて牛丼屋にて牛丼食べる」といったもの。

なお1月2日の放送は「プロローグ」となり、4月から5月に3本のシリーズが放送される予定だ。

生田斗真のコメント

平成は波乱万丈な時代だったと思います。私自身は昭和生まれですが、懐かしさを感じる要素もあります。平成の世の中を象徴する素敵な歌がたくさんありました。
平成の終わりを味わいつつ、次の時代をも感じながら、おうちでのんびり見ていただきたいです。

吉岡里帆のコメント

五七五七七という古くから日本にある短歌という形で、時代の過ぎゆく瞬間をかいま見ました。限られた言葉の中に、個々の思い、時代が見た景色、色とりどりの表情を見せてくれました。
皆さんも一緒に平成の万葉集の道をたどってみませんか?

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告