ニュース

『BRUTUS』危険な読書特集に武田砂鉄、荻上チキ、佐野史郎、川上未映子ら

特集記事「危険な読書」が本日12月15日発売の『BRUTUS No.884』に掲載されている。

昨冬に引き続いて掲載される同特集は、価値観や生き方の変化を促す読書体験がテーマ。対談として武田砂鉄と荻上チキの「骨太!社会派ノンフィクション。」、リン・ディンと川上未映子の「アメリカ社会の底辺からの手紙。」、田中秀征と西寺郷太の「自民党の2大潮流を辿る読書。」、高石智一と花田菜々子の「生きづらさと実録私小説。」、菊地浩平と鳴海拓志の「人の形をしたメディア。」、佐野史郎と東雅夫の「この世は、クトゥルー神話。」、鈴木功と正木香子の「書体敏感肌。」、手塚敦嗣と中嶋大介の「ビジュアル系バカ一代。」を収める。

また見坊行徳、稲川智樹、飯間浩明、西村まさゆきによる「国語辞典を読む。」、児玉雨子による「ポップソングと江戸文芸。」、酉島伝法による「奇妙な生き物が出てくる本。」、藤島大による「スポーツは肉体を酷使するゆえ言葉を求む。」、松本修による「女陰、男根をめぐる言葉の旅。」、安東嵩史による「“越境”するための読書。」、「危険な本屋大賞2018」といった記事を収録。

さらに「都市のカナリヤたち。」ではナナオサカキ、山尾三省、長沢哲夫の3人の詩人、「危険な作家」では大江健三郎、ウラジーミル・ナボコフ、高原英理、山尾悠子、アラン・ロブ=グリエ、森泉岳土を紹介。付属の小冊子「理系読書99」には森田真生、福岡伸一、小林エリカらが登場している。

『BRUTUS No.884』表紙
『BRUTUS No.884』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業