ニュース

『BRUTUS』危険な読書特集に武田砂鉄、荻上チキ、佐野史郎、川上未映子ら

特集記事「危険な読書」が本日12月15日発売の『BRUTUS No.884』に掲載されている。

昨冬に引き続いて掲載される同特集は、価値観や生き方の変化を促す読書体験がテーマ。対談として武田砂鉄と荻上チキの「骨太!社会派ノンフィクション。」、リン・ディンと川上未映子の「アメリカ社会の底辺からの手紙。」、田中秀征と西寺郷太の「自民党の2大潮流を辿る読書。」、高石智一と花田菜々子の「生きづらさと実録私小説。」、菊地浩平と鳴海拓志の「人の形をしたメディア。」、佐野史郎と東雅夫の「この世は、クトゥルー神話。」、鈴木功と正木香子の「書体敏感肌。」、手塚敦嗣と中嶋大介の「ビジュアル系バカ一代。」を収める。

また見坊行徳、稲川智樹、飯間浩明、西村まさゆきによる「国語辞典を読む。」、児玉雨子による「ポップソングと江戸文芸。」、酉島伝法による「奇妙な生き物が出てくる本。」、藤島大による「スポーツは肉体を酷使するゆえ言葉を求む。」、松本修による「女陰、男根をめぐる言葉の旅。」、安東嵩史による「“越境”するための読書。」、「危険な本屋大賞2018」といった記事を収録。

さらに「都市のカナリヤたち。」ではナナオサカキ、山尾三省、長沢哲夫の3人の詩人、「危険な作家」では大江健三郎、ウラジーミル・ナボコフ、高原英理、山尾悠子、アラン・ロブ=グリエ、森泉岳土を紹介。付属の小冊子「理系読書99」には森田真生、福岡伸一、小林エリカらが登場している。

『BRUTUS No.884』表紙
『BRUTUS No.884』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開