現代のビデオゲームのあり方を探る展覧会『イン・ア・ゲームスケープ』

展覧会『イン・ア・ゲームスケープ:ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我』が、本日12月15日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催されている。

『文化庁メディア芸術祭』において顕彰の対象となるなど、社会的にも影響力を持つ現代のビデオゲーム。同展では現代のビデオゲームのあり方や、それらが作り出す文化を、インディゲームおよびビデオゲームアートの2つの動向から検証する。展覧会タイトルの「ゲームスケープ」は「ゲームから見た風景・社会」という造語で、ビデオゲームがプライヤーや制作者にもたらす新たな世界観を表現しているという。

参加アーティストにはCOLL.EO、ジョセフ・デラップ、土居伸彰、ハルン・ファロッキ、Giant Sparrow、イップ・ユック=ユー、JODI、アブドゥッラー・カラム&Causa Creations、ミルトス・マネタス、デイヴィッド・オライリー、Playables(ミヒャエル・フライ&マリオ・フォン・リッケンバッハ)、Playdead、ルーカス・ポープ、谷口暁彦、ジョナタン・ヴィネル、和田淳、ブレント・ワタナベ、山内祥太が名を連ねる。

共同キュレーションは土居伸彰と谷口暁彦。また会期中には出品作家、来日予定のアーティストらが参加するシンポジウムの開催も予定されている。

イベント情報

『イン・ア・ゲームスケープ:ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我』

2018年12月15日(土)~2019年3月10日(日) 会場:東京都 初台 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
時間:11:00~18:00(入館は閉館の30分前まで) 出品作家: COLL.EO ジョセフ・デラップ 土居伸彰 ハルン・ファロッキ Giant Sparrow イップ・ユック=ユー JODI アブドゥッラー・カラム&Causa Creations ミルトス・マネタス デイヴィッド・オライリー Playables(ミヒャエル・フライ&マリオ・フォン・リッケンバッハ) Playdead ルーカス・ポープ 谷口暁彦 ジョナタン・ヴィネル 和田淳 ブレント・ワタナベ 山内祥太 休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜、2月12日は開館)、12月28日~1月4日、2月10日 料金:一般・大学生500円 ※高校生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 現代のビデオゲームのあり方を探る展覧会『イン・ア・ゲームスケープ』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて