『恵比寿映像祭』プログラム詳細発表 三宅唱や草野なつかの新作など上映

『第11回恵比寿映像祭』のプログラムが発表された。

東京・恵比寿を舞台に展示や上映をはじめ、ライブ、シンポジウム、地域との連携プログラムなどを展開する『恵比寿映像祭』。「トランスポジション 変わる術」をテーマにした今回は、26の国と地域から76人の作家およびゲストが参加する。

今回の発表で、三宅唱監督の『ワイルドツアー』の東京初上映、同監督の最新作『無言日記2018』のワールドプレミアや、草野なつか監督の新作『王国(あるいはその家について)』の上映が判明。

さらに大野松雄監督の『タージ・マハル旅行団「旅」について』の上映と、大野、3RENSA(MERZBOW、duenn、NYANTORA)、金村修による企画、映像作家・牧野貴のプロジェクト『Memento Stella』の最終形となる4K長編版にレイニア・ファン・ハウトによる音をつけた最新作のプレミアム上映と牧野によるトークなども行なわれる。

プログラムの詳細は『第11回恵比寿映像祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。定員制プログラムのチケットの販売は1月5日10:00からスタート。

イベント情報

『第11回恵比寿映像祭』

2019年2月8日(金)~2月24日(日) 会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか 時間:10:00~20:00(最終日は18:00まで) 休館日:2月12日、2月18日 料金:無料(定員制プログラムは有料)
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『恵比寿映像祭』プログラム詳細発表 三宅唱や草野なつかの新作など上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて