横浜流星主演『愛唄』清原果耶演じるヒロインの場面写真公開&役作り語る

横浜流星主演の映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』の新場面写真が公開された。

『愛唄 ―約束のナクヒト―』は、実話をもとにGReeeeNの楽曲“愛唄”を映画化した作品。恋する勇気を持てずに大人になったトオルが、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との出会いを経て、詩を綴ることをやめた少女・凪と巡り会い、やがて限られた時間の中で3人の「本当」が重なった時に1つの歌が生まれる、というストーリーだ。公開は1月25日。

今回公開されたのは、清原果耶演じるヒロイン凪の場面写真。凪とトオルが自転車に2人乗りしている様子や、空を見つめる凪の姿、凪が「生きるって、夢中になるってことだと思う」とトオルに語りかけるシーンなどが写し出されている。

清原は凪について「凪ちゃんは強くて、弱い部分があってもそれを表に出さず、限られた毎日の中でも幸せを感じて前向きに進んでいく子だったので、私自身が毎日をそのように生きていないと凪を演じることは難しいなと思いました」とコメント。

また撮影について「何より現場が楽しかったのでどんどん前向きになれたし、凪を演じることによって私も彼女のように生きていきたいと思えるようになったんです。その気持ちは私が生きていく上でずっと大切にしていきたいものになりました」と述べている。

作品情報

『愛唄 ―約束のナクヒト―』

2019年1月25日(金)から全国公開
監督:川村泰祐 脚本:GReeeeNと清水匡 音楽:GReeeeN 主題歌:GReeeeN“約束 × No title” 出演: 横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 成海璃子 財前直見 富田靖子 中山美穂 中村ゆり 野間口徹 西銘駿 奥野瑛太 配給:東映
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 横浜流星主演『愛唄』清原果耶演じるヒロインの場面写真公開&役作り語る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて