ニュース

ドラマ『原島浩美がモノ申す!』OP曲はNEWS、ゲストに加藤シゲアキら

1月21日からテレビ東京ほかで放送されるドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~』のオープニングテーマとゲスト出演者が発表された。

周良貨、夢野一子による漫画『この女に賭けろ』をドラマ化する同作は、都市銀行で働く主人公・原島浩美が、大胆な発想と行動力、顧客を思いやる心で業績不振の支店を立て直していく様を描いた作品。真木よう子が主演を務めるほか、丸山隆平(関ジャニ∞)、塚本高史、三宅弘城、西野七瀬、寺脇康文、古谷一行、柳葉敏郎らがキャストに名を連ねる。主題歌はスガシカオの“遠い夜明け”。

オープニングテーマ曲に起用されたのは、NEWSの新曲“トップガン”。さらに第1話のゲストとして平岡祐太、山田明郷、萩尾みどり、第2話のゲストとして里見浩太朗、相島一之、二階堂智、第3話のゲストとして加藤シゲアキ(NEWS)、菅原大吉、黒田福美の出演が明らかになった。

平岡祐太は「私の演じる隆彦は、同族経営で、自分には経営の才能がないと悩み、お金も地位もあるけど、本当に自分のやりたいことができない。空虚な感じがします」と自身の役どころについてコメント。

里見浩太朗は「私の出演によって少しでも多くの方に見ていただけるよう、そして『次週のゲストはどんな芝居をするんだろう。』と視聴者に思わせることが、ゲスト俳優の使命だと思います。そう印象付けられるように、そういった思いで頑張りたいと思います」と意気込みを述べている。

加藤シゲアキは「3話へのゲスト出演、大変光栄に思います。台本を読み、痛快かつハートフルなストーリーを楽しませていただきました」「個人的に先輩でもあり、友人でもある丸山くんとの共演もわくわくしております」と語っている。

あわせて原作者の周良貨、作画者の夢野一子のコメントも公開された。

平岡祐太のコメント

経済のことや様々な企業に興味を持ってちょうど勉強していたので、出
演できてすごく嬉しいです。
私の演じる隆彦は、同族経営で、自分には経営の才能がないと悩み、お
金も地位もあるけど、本当に自分のやりたいことができない。空虚な感じ
がします。
ビジネスの世界にも様々なドラマがあって楽しんで頂けると思います。
そしてなにより、原島浩美のモノ申しは爽快です!

里見浩太朗のコメント

今回演じる稲岡栄次郎という役は、見た目は迫力があって少し怖いけれども、本質は気が優しく涙もろいところが、私と似ているかもしれません。
私の出演によって少しでも多くの方に見ていただけるよう、そして「次週のゲストはどんな芝居をするんだろう。」と視聴者に思わせることが、ゲスト俳優の使命だと思います。そう印象付けられるように、そういった思いで頑張りたいと思います。

加藤シゲアキのコメント

3話へのゲスト出演、大変光栄に思います。台本を読み、痛快かつハートフルなストーリーを楽しませていただきました。撮影に参加する日を心
待ちにしています。
私が演じる山根という役は、目的を持って若くして独立しベンチャー企業を立ち上げる、優しいキャラクターです。しかしながら経営に関しては知識がなく、利用されてしまう。原島と出会って山根がどう変わるのか、見届けてもらえると嬉しいです。
個人的に先輩でもあり、友人でもある丸山くんとの共演もわくわくして
おります。

周良貨のコメント

『この女(ひと)に賭けろ』が実写化されると聞いて驚くと共に大変喜んでいます。年月は経ちましたが、この作品が取り上げた金融不安や女性の地位などの問題点は、現在においてもさほど変わってないように思います。
主演の真木よう子さんには、撮影見学で少しだけお話ししましたが、それまで抱いていたシャープな印象と異なり、ふんわりした雰囲気で原島浩美が降りて来たのかと錯覚しました(笑)。共演陣も個性実力溢れる豪華俳優が若手からベテランまで幅広く、否が応でも期待が高まります。ゲストも含めまだまだ隠し球はありそうですし。
実写化は、よく原作と比較されますが、私は基本さえ抑えて頂ければ、あとは現場で自由に力一杯やってもらえれば良いと考えています。それでこそ、作品に新しい命が宿り、新たな魅力が付加されると信じています。古くからの愛読者の方々には、新しい作品として映像を見てもらい、また、原作を知らない方々には、映像を見た後にコミックも楽しんでもらえればと願っています。
『よつば銀行原島浩美がモノ申す!』期待しています!

夢野一子のコメント

この度、私が作画を担当しました「この女に賭けろ」がテレビドラマ化される運びとなり嬉しい思いでいっぱいです。本作が掲載された当時、銀行がお金を集める以外に何をしているのか...恥ずかしながら私はそんなことも良くわかっていませんでした。原作を読ませていただき、企業や事業や人を評価し育てるという創造的な仕事をしているのか!と改めて知った次第です。
あれからだいぶ時はたちましたが、銀行の果たす役割の大切さはまったく変わっていないように感じます。今、ドラマ化されることの意味もそのあたりにあるのかもしれません。原島浩美はちょっと不思議なキャラクターですが、主演の真木よう子さんがどのような浩美像を見せてくださるかとても楽しみにしています。当時の読者の皆様にもぜひこのドラマを応援していただきたいと思います。
銀行という一見ナゾに包まれた場所で、様々な人たちが悩みながら頑張っている姿を通して、見ている方たちが元気をもらえるようなそんなドラマを期待しています。

加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
平岡祐太演じる神谷隆彦
平岡祐太演じる神谷隆彦
里見浩太朗演じる稲岡栄次郎
里見浩太朗演じる稲岡栄次郎
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌