キミノオルフェ“この世界に花束を”PV公開 監督は東市篤憲

キミノオルフェの楽曲“この世界に花束を”のPVが公開された。

2016年に活動を停止した「蟲ふるう夜に」の蟻(Vo)によるソロプロジェクトであるキミノオルフェ。昨年に1stアルバム『君が息を吸い、僕がそれを吐いて』を配信リリースした。

“この世界に花束を”は、タツノコプロの創立55周年企画新作オリジナルアニメとして放送されている『エガオノダイカ』のエンディング主題歌。楽曲のアレンジはioniと菅原一樹、作曲およびディレクションはBTSやTWICEへの楽曲提供も行なうKanata Okajimaが担当している。CDシングルおよびデジタル配信で2月6日にリリースされる。

公開されたPVの監督を務めたのは東市篤憲(A4A)。東市が楽曲に対して感じたインスピレーションをそのまま映像化した作品になっているという。出演者には美鈴、櫻井香純、トニモカクニモ、市川真也らが名を連ねる。

蟻(キミノオルフェ)のコメント

「エガオノダイカ」
この言葉の持つ意味を何度も考えました。物語では2人の少女が「笑顔」のために「代価」を支払います。そんな2人に対しての、私の願い、祈り、そして祝福を込めた楽曲になりました。
是非、私と一緒にこの物語を最後まで追い続けてもらえたら嬉しいです。
そして、MVの監督は尊敬する東市さん。監督のことを信じて全てお任せしました。私の言葉が、歌が、また新しい姿になって生まれ変わった気がしています。
暗闇の中にいる人たちに光が差しますように。

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • キミノオルフェ“この世界に花束を”PV公開 監督は東市篤憲

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて