三浦大知が「天皇陛下御在位三十年記念式典」で記念演奏

三浦大知が「天皇陛下御在位三十年記念式典」で記念演奏を行なうことがわかった。

「天皇陛下御在位三十年記念式典」は、2月24日に東京・半蔵門の国立劇場で開催。三浦大知は式典内で記念演奏として、天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲された“歌声の響”を歌唱する。“歌声の響”は皇太子時代に沖縄を初めて訪ねられた天皇陛下がお詠みになった御歌に皇后陛下が曲を添えられた楽曲となる。

また同じく記念演奏として、宮崎湖処子の詩に皇后陛下が曲をつけられた子守歌“おもひ子”をソプラノ歌手の鮫島有美子が歌唱する。式典の司会は草野満代が務める。

  • HOME
  • Music
  • 三浦大知が「天皇陛下御在位三十年記念式典」で記念演奏

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて