『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』展に約210点 最新作も

展覧会『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』が、本日1月18日から東京・六本木の国立新美術館で開催されている。

ヨーロッパを拠点に絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など多岐にわたる表現を行なうイケムラレイコ。スイスで本格的に画家としての活動を開始し、1983年にドイツに移った。

同展では、展示室に加えて野外展示場も使い、イケムラが手掛けてきた全てのメディアを網羅した約210点の作品群を展示。初期のドローイング約40点や表現主義風の大型の絵画、最新作『うねりの春』なども含まれる。展示会場はイケムラが探求してきた16のテーマに基づく16のインスタレーションで構成。展示構成はこれまでにイケムラとコラボレーションしている建築家のフィリップ・フォン・マットが手掛けた。

会期中は関連イベントなどを予定。詳細は 国立新美術館の展覧会ウェブページで確認しよう。

イベント情報

『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』

2019年1月18日(金)~4月1日(月) 会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室1E
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休館日:火曜 料金:一般1,000円 大学生500円 ※2月24日は天皇陛下御在位30年を記念して、入場無料 ※高校生、18歳未満無料 ※障害者手帳提示で本人と付添者1名無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』展に約210点 最新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて